さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

打ち込み汁

打ち込み汁

伝承されてきた背景

 農村の日常食として、どこの家でも、季節の野菜をふんだんに使い、よく作られていました。麺が太かったり細かったりするのも、手づくりの楽しさのうち。
 打ち込みの場合は、小麦粉に塩を入れずに練ります。野良仕事から一足先に帰った主婦が、手早く作る汁物のひとつです。打ち板も出さず、まな板の上で切ったものです。

主な伝承地域

 香川県全域

伝承一口メモ

 店頭で生うどんも多く出回り、手軽に手打ちうどんが食べられるようになっているが、最近では、本物志向が高まり手打ちうどん用の粉も販売され、「手打ち」を楽しむ家庭も増えている。汁の具も地域や家庭によりさまざまで、しょうゆ味の所もある。寒い季節に熱々の打ち込み汁は最高のごちそうである。

料理レシピ

■材料(5人分)
小麦粉(中力粉) 300g 里いも 150g
160cc 油あげ 1枚
大根 300g ねぎ 少々
にんじん 100g 中みそ 100g
ごぼう 100g だし汁(煮干し) 7カップ
■作り方
  • ボールに粉と水を入れてよく練り、2〜3時間寝かす。
  • 打ち粉をふり(1)をめん棒で5mm位にのばす。たっぷりの打ち粉をしてびょうぶだたみにして、5mm幅に切り、ほぐしておく。
  • 鍋にだし汁を入れ、大根、にんじん、里いも、ごぼう、油あげを入れて煮る。沸いたらうどんを入れ、7〜8分煮てみそで味をととのえる。
  • ねぎを入れると出来上がり。
※鶏肉、豚肉、生しいたけなどを入れてもよい。