さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 伝えていきたい伝統的な郷土料理 > 落花生(らっかせい)の甘煮

落花生(らっかせい)の甘煮

落花生の甘煮

伝承されてきた背景

 落花生(らっかせい)は別名南京豆(なんきんまめ)、ピーナツと呼ばれ、高温、乾燥を好む作物です。高松市沖合の、女木島、男木島では、古くから落花生を栽培しています。秋に収穫した堀りたての落花生を塩ゆでにしたものは、生産地でなければ味わえないおいしさです。

主な伝承地域

 高松市女木町、男木町

伝承一口メモ

 落花生の脂質は、大豆の2.5倍。おやつやおつまみだけでなく、忙しいときの常備食として、また労働をささえるエネルギー源として、もっと食事に取り入れたいものである。
 女木島、男木島では、落花生を栽培しており、秋に収穫した豆をそのままゆでたり、炒ったりして食べる他、乾燥して保存し、おせち料理の黒豆の代わりに利用する。

料理レシピ

■材料
落花生 1.5kg
砂糖 400g
大さじ1
※五目煮の場合(落花生750gに対して)
  れんこん 200g
にんじん 200g
ごぼう 120g
こんにゃく 1本
調味料として、砂糖、塩で調味したものにしょうゆ50cc加える。
■作り方
  • 薄皮のついた生の落花生を、一晩水に浸ける。
  • (1)を柔らかくなるまで、水煮する。(4〜5時間)
  • 指で押さえてつぶれる程度に煮えると、砂糖、塩を加えて味取りする。
※十分に柔らかくなってから、砂糖、塩、しょうゆ等の調味料を入れる。
※ぐらぐら煮立たせると、薄皮が破れてつぶれることがある。
※こんにゃく、にんじん、ごぼう、こんぶなどを加えると五目煮になる。(野菜が煮えてから味付けする。)