さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

ちしゃもみ

ちしゃもみ

伝承されてきた背景

 春のお祝い事(中讃地域ではハルイオ)のもてなしの一品に欠かせないちしゃもみ。昔はちしゃがどの農家の畑にも植えていましたが、今では貴重な伝統野菜のひとつです。いりこを小さく割いたものやさわらの酢漬、いかなごを入れたりし、素朴な味を楽しんでいました。

主な伝承地域

香川県全域

伝承一口メモ

 ちしゃはいったんもんであく出しし、絞ってからあえるようにしてもよい。ちしゃはサニーレタスと似たようなものだが、ちしゃのほうがあくが強く、いかにも春らしい讃岐の味である。
 最近は、ちしゃに代わって、レタスやサラダ菜が使われる場合が多い。

料理レシピ

■材料(4人分)
ちしゃ 200g 酢みそ
油あげ 1/2枚   白みそ 大さじ 1/2
ちりめんじゃこ 少々 砂糖 大さじ 1/2
ごま 少々 大さじ 1/2
少々
■作り方
  • ちしゃはよく洗いざるに上げておく。
  • 白みそ、砂糖、酢、塩をすり鉢に入れて軽くする。(塩を少々入れるとまろやかな味になる)
  • 油あげは少し色が付く程度に焼き、短冊切りにする。
  • ちしゃは食べやすい程度に手でちぎる。(包丁で切るとあくが出て味が落ちる)
  • (2)の中に(3)(4)とちりめんじゃこを入れてあえる。盛りつけてからすりごまをかける。