さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 伝えていきたい伝統的な郷土料理 > こんにゃくの白あえ

こんにゃくの白あえ

こんにゃくの白あえ

伝承されてきた背景

 節分には1年の砂おろしと言って、こんにゃくを白あえや煮しめにして食べます。今でも山間地域ではこんにゃくいもが栽培されており、生いもからこんにゃくの手作りも行われています。そばを栽培している山間地域では、“そばから”を焼いて作った灰汁(あく)が、こんにゃく作りに使われています。

主な伝承地域

香川県全域

伝承一口メモ

 にんじん、しいたけ、いんげん、ほうれんそうなどの野菜を一緒にあえてもよい。
 にんじん、しいたけはせん切りし、だし、砂糖、塩、しょうゆで下味を付けておく。いんげんは、塩ゆでにして、斜め切りにする。ほうれんそうは、塩少々入れた熱湯でゆで、適当な長さに切る。
 節分は冬至から数えて45日目。「節分には、戸口に焼いたいわしの頭とひいらぎの葉をさし、『鬼は外、福は内』と豆まきをする。年の数だけ豆を食べる。麦ごはん、いわし、こんにゃくを食べる。」と言う地域が多いようである。これは、悪鬼をはらって新しい年を無病息災で過ごしたいという願いがこめられている。鬼払いにまいた大豆を一粒一粒拾い集めて年の数だけ食べると夏病みしないといわれている。

料理レシピ

■材料(4人分)
こんにゃく 1枚 豆腐 半丁
白ごま 大さじ2 白みそ 60g
砂糖 大さじ4 少々
薄口しょうゆ 大さじ2 だし汁 少々
■作り方
  • 豆腐はさっとゆでてざるにあげ、水気を切りさらにふきんで包んで軽くしぼる。
  • ごまは炒ってすりつぶし、(1)の豆腐とみそを入れよくする。砂糖大さじ2、薄口しょうゆ小さじ1、塩少々で味付けする。固ければだし汁少々でとろりとのばす。
  • こんにゃくは短冊切りにして、から炒りし、砂糖大さじ2、塩小さじ1/2、薄口しょうゆ大さじ1、だし汁少々で味付けする。
  • (2)に(3)を入れてあえる。
    ※(2)のだし汁の量は豆腐のしぼり方で違ってくる。