さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 伝えていきたい伝統的な郷土料理 > 切り干し大根の煮物

切り干し大根の煮物

切り干し大根の煮物

伝承されてきた背景

 冬の日差しに照らされて、農家の軒先にたくさん干されていた切り干し大根は、一年中副食として利用でき、煮物や、汁の実、三杯酢につけはりはり漬にするなどして食べられていました。今も、その味は、個々の家に受け継がれています。

主な伝承地域

香川県全域

伝承一口メモ

 大根と油あげのほかにたけのこやにんじん、里いも、小魚などいろいろな具を入れて作るところもある。
 大根の干し方としては、たこ干し、短冊切りにして糸に通して干す、ついて干すなどの方法がある。

料理レシピ

■材料(5人分)
切り干し大根 120g 濃口しょうゆ 50cc
だし汁 500cc 油あげ 1枚
砂糖 30g 50cc
サラダ油 大さじ3
■作り方
  • 切り干し大根は洗い、ざるにあげて水気を切る。適当な大きさに切る。油あげは短冊切りにする。
  • 鍋に油を熱し、(1)を炒める。火を弱め、だし汁を加えてふたをし、蒸し煮にする。
  • 切り干し大根の固さを見ながらしょうゆ、砂糖で味をととのえる。