さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

いりこ飯

いりこ飯

主な伝承地域

 西讃、東讃とも瀬戸内海沿岸を中心にほぼ全域。

伝承されてきた背景

 瀬戸内海は、かたくちいわしがよく捕れ、これをさっとゆでて干したいりこ(煮干し)の入った炊き込みごはんが食されてきました。だしもよく出てさっぱりとした味が特徴です。特に山間地では鮮魚より食材として扱いやすかったようです。
 いりこは、酢みそであえて、ちょっとしたおかずにしたり、広く煮物、汁物のだしの素材として使われており、今も讃岐の食生活には、欠かせないものです。

伝承一口メモ

 いりこ飯に入れる野菜については、その時期その時期のものでよい。しいたけなどのきのこや、ごぼうなどを入れても違った風味でおいしく食べられる。
 いりこ漁の盛んな三豊地区では、今も家で、よく作っている。

料理レシピ

■材料(20人分)
1升
    調味料
  いりこ 80g   油あげ 1枚     しょうゆ 大さじ6
にんじん 140g 大根 400g   小さじ2
里いも 400g こんにゃく 1枚          
■作り方
  • 米米は30分位前に洗っておく。
  • いりこは頭と腹を除き、身を割り、頭は水に漬けておき、だしをとる。
  • 野菜は皮をむき、油あげ、にんじん、大根、こんにゃくは短冊切りに、里いもは半月切りにする。
  • 釜に、米、いりこだし、水を分量まで入れ、(3)の具といりこの身、調味料を加えて炊きあげる。
※ごはんは一度にたくさん炊く方がおいしいため、昔から米1升単位で計算しているが、家族の人数に合わせて調整してよい。