さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 香川の特産物と新しい料理 > ジャージー牛乳

ジャージー牛乳

産物メモ

 イギリスのジャージー島で品種改良された、ジャージー牛の乳は、薄淡い金色をしているところから、ゴールデンミルクと呼ばれています。
 香川県では、昭和62年より、大川郡東部地域(大川町、寒川町、長尾町)の酪農家8名が、ジャージー牛を導入し、牛乳の生産を始めました。現在は、大川町を中心に約350頭のジャージー牛が飼育され、毎日おいしい牛乳、ヨーグルトが食卓に届けられています。 ジャージー牛乳は、乳脂肪分4.6%以上、無脂乳固形分9.0%以上という、高い成分比率のため、独特のコクがあり、他に比べ品質の良い牛乳とされています。牛乳は、カルシウムの吸収率がよく、骨粗しょう症を防ぐためにも、ライフスタイルに応じて、上手に食生活に取り入れたいものです。

おすすめの食べ方

○フルーツミルク: ジャージー牛乳と季節の果物を合わせて、ミキサーにかける。
○ホットミルク: 寒い夜、ブランディーを少し落としてホットミルクに。
○コクのあるホームメイドのアイスクリーム、ヨーグルトづくりにもおすすめ。

料理レシピ

■コーン入りジャージー牛乳スープ
コーン入りジャージー牛乳スープ
■材料(4人分)
ジャージー牛乳 1リットル
缶づめコーン(水煮) 100〜150g
50cc〜80cc
砂糖 大さじ2〜3
こしょう 少々
パセリ 半束
クラッカー 4枚
(食パンの耳1枚分でも可)
■作り方
  • 軽く水気を切ったコーンを鍋に入れ、水を加えて煮る。
  • (1)に牛乳、砂糖を入れ、沸かし過ぎに注意しながら、さらに煮る。
  • こしょうを加え、味をととのえ、火から下ろす。
  • 水にさらしたパセリをみじん切りにし、ふきんに包みよく水気を切る。
  • (3)を器につぎ分け、パセリ、適当な大きさに砕いたクラッカーを浮かべる。(パンの耳の場合は、オーブンで焼き、好みの大きさに切る)
■ジャージーカウピス(乳酸飲料)
■材料(4人分)
ジャージー牛乳 1リットル レモンの絞り汁 1個分
砂糖 1kg バニラエッセンス 少々
乳酸 20cc
■作り方
  • 鍋に、ジャージー牛乳と、砂糖を入れ、沸騰させないように注意しながら火にかけ、砂糖が溶けたら火を止める。
  • 乳酸を加え、あら熱がとれてからレモンの絞り汁と、バニラエッセンスを加える。
  • できた原液はビンなどに入れ、冷蔵庫で保存する。原液を、好みにより3〜5倍に薄め飲むとよい。