さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

茶

産地&歴史

 茶の発祥地は中国と言われており、奈良時代には日本の宮廷で飲まれたと記されています。
 香川県では高松藩主が茶会で使用するための茶園を作ったのが起こりで、現在は高瀬町が県下の生産の半分以上を占めています。

栄養と特性

 お茶には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているほか、茶特有の渋味成分であるカテキンに殺菌や成人病を予防する効果があります。また、虫歯予防効果のあるフッ素等も含まれ、風味もさることながらその効能は底知れません。

おすすめの食べ方

○薬味代わりに: 粉にしたお茶は料理のアクセントとして、ねぎやパセリなどの香辛料代わりに、スープやパスタに振りかけたり、フライの衣としてパン粉と混ぜるのもおすすめ。
○料理に混ぜる: コロッケやハンバーグの具として、お茶で飲んだ後の葉や、粉にしたお茶を練り込むと、独特の苦みがポイントになってさっぱりした味に。ただし良いお茶の場合のみ、控えめの量で。
○お菓子に: お菓子もお茶の粉を加えると和風の仕上がりに。小麦粉やホットケーキミックスに加えるほか、団子の粉などに加えてみてはいかが。
○ごはんに: お茶でごはんを炊くとさっぱりおいしく仕上がるが、さらに、良いお茶はそのお茶を出した後の葉を刻んで加えるとさらに風味向上。ごま塩をかけたり梅干しを混ぜ込むことで味のバリエーションを楽しむことができる。

粉茶にするには

 ミルサー、ミキサー、どちらでも簡単に粉に出来るが、粉が少ない場合は前者のほうがしやすい。コーヒーミルでも簡単にできる。

おいしいお茶の入れ方

 ポットのお湯をそのまま注いだのでは湯温が高すぎるので、一度きゅうす、茶わんに入れて素早く冷ます。その後きゅうすに茶葉を入れて、湯冷ましした湯を注いで、茶わんに注ぎ分ける。(このとき温度がだいたい50〜55度だとよい)

上手な保存方法

  • お茶の保存方法の3原則は、1.空気にふれさせないこと、2.湿気の多いところに置かないこと、3.湿度の高い所に置かないこと、である。
  • 一度、封を開けたお茶は、1ヶ月目安で使い切った方がよい。

料理レシピ

■焼き茶もち
焼き茶もち お茶のおいしい飲み方もさることながら、おいしいお茶は出した後の葉に香りも色も栄養も残っているので、丸ごと食べたいものです。
■材料(4〜5人分)
団子の粉 150g 少々
せん茶(粉状) 10g ぬるま湯 適宜
あん 80g
■作り方
  • 団子の粉とミキサーで粉状にしたせん茶を混ぜあわせる。
  • (1)にぬるま湯を加えて耳たぶ程度の柔らかさにする。
  • 生地を8等分にし、薄く広げて丸めたあんを包む。
  • (3)を薄く油を引いたフライパンでこんがりと両面焼く。
    (このとき、蒸し焼きにするため、ふたをして弱火で焼く)
■お茶の漬物
■材料(4人分)
きゅうり 2本
にんじん 1/4本
せん茶(2〜3度浸出させた後のもの) 少々
塩こんぶ 10g
ちりめんじゃこ 10g
少々
■作り方
  • きゅうりは斜め1cm程度の厚さに切る。
  • にんじんは皮をむいてせん切りにする。
  • 材料を全て合わせて重石をしてしばらく漬け込む。