さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

そうめん

そうめん

産物メモ

 小豆島手延そうめんは今から約400年前、慶長年間の初め、小豆島で作られるようになりました。小麦粉、食塩、ごま油を原料としており、職人独特の手練の手延法によって段々と太い麺から糸様の細い麺に仕上げ、天日にさらして完全に乾燥しています。
 「寒そうめん」とは、10月20日から3月末までに造ったそうめんのことで、「ひねそうめん」とは製造日から一年過ぎたそうめんのことです。

おすすめの食べ方

○冷やしそうめん: たっぷりの湯でゆで、3〜4回冷水をとり代え、そうめんが冷えきった時、ざるに取りあげて水切りをし、よく冷やしたつけ汁で食べる。
○湯麺(にゅうめん): そうめんをすまし汁、またはみそ汁で煮、熱いうちに食べる。
○その他、サラダ、スパゲッティ、煮込み、そうめんの巻ずきしに。

料理レシピ

■オリーブ&ソーメンサラダ
オリーブ&ソーメンサラダ
■材料(4人分)
サニーレタス 1/2株
レタス 1/2株
きゅうり 1本
にんじん 小1/3本
ピーマン 1個
たまねぎ 小1/2個
そうめん(太口)(ラーメン位の太さ。太口そうめんがない時は、細い麺を固めにゆでて使うと良い) 200g(4束)
ゆで卵 2個
ブロッコリー 1/2株
スモークサーモン(薄切りハムでも可) 20枚
スタッフドオリーブ(オリーブの塩蔵に赤ピーマンを詰めたもの) 8個
ライプオリーブ(黒色の塩蔵オリーブ) 8個
りんご 少々
〈和風ドレッシング〉
  しょうゆ 250cc
りんご酢 150cc
オリーブ油 250cc
■作り方
  • 太口そうめんは、たっぷりの熱湯で少し芯が残っている程度にゆでてひきあげ、冷水に放し、ざるに上げて水気を切る。
  • ゆで卵、スタッフドオリーブは輪切りにする。
  • 器にサニーレタスを敷き、好みの大きさに切ったきゅうり、にんじん、ピーマン、たまねぎ、りんご、ちぎったレタスと(1)のそうめんを混ぜ合わせて盛り、上にゆで卵、ゆでたブロッコリー、スモークサーモン(花びらのような形で)、オリーブを飾りつける。
  • 分量のドレッシングを合わせてよく混ぜ、いただく寸前にかける。
    ※好みでドレッシングににんにく、しょうがのすりおろしたものを加えてもよい。