さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 香川の特産物と新しい料理 > 金時にんじん

金時にんじん

金時にんじん

産地&歴史

 にんじんの原産地はアフガニスタン周辺で、日本には、江戸時代初期に中国から入ってきたのが東洋種の金時にんじんです。
 坂出市の金時にんじんは、昭和8年頃から始まり、お正月のおせち料理の素材としての需要が高く阪神市場に出荷され、今では有数の産地となっています。

栄養と特性

 おせち料理の煮しめや雑煮の具に欠かせない金時にんじんは、その鮮やかな赤色が特徴です。
 この赤い色はリコピンという色素でカロチンやビタミンEよりもさらに体内での抗酸化作用(病気の源となる体内の過酸化を防ぐ)が強いことが、最近の研究で明らかになりつつあります。

おすすめの食べ方

○にんじんご飯: にんじん1本は、皮を除いてすりおろす。米3合に対して普通の水加減で塩小さじ1、しょうゆ小さじ2、酒少々、サラダ油大さじ1を加えて炊く。
○グラッセ: にんじんを大きめに切って面取りをし、固めにゆでる。1/3ほど残して湯を捨て、バターを加えて焦げないように水気をとばす。
○煮しめ: にんじんは、1cm位の輪切りにして、角を面取りして、だし汁にしょうゆ、砂糖を適量入れて、他の野菜と炊く。
○なます: 大根とにんじんは、4cm位の輪切りにし、皮をむき縦1cm幅の短冊切りにする。ボールに入れ、塩少々をして、しんなりしたら水分を良く絞り、小口切りにしたねぎを入れ、三杯酢であえる。

調理のコツ

  • にんじんに含まれるビタミンC破壊酵素(アスコルビナーゼ)は、熱、酸に弱い。もみじおろしを作る時は、にんじんは固めにゆでてからおろす。
    または、作ってから酢を加えておくとよい。

ひと口メモ

  • にんじんの葉も栄養豊富なので、捨てずに、てんぷらや、ゆでてピーナツあえ、ごまあえにすると、おいしく食べられる。

上手な選び方

 表面がなめらかでツヤがあり色が濃く、根がしまっており弾力性があるものがよい。

上手な保存方法

 保存に適した温度は5℃前後の冷暗所がよい。短期の保存は冷蔵庫でできるが、冬の長期保存の場合は土の中に埋めると春まで持つ。

料理レシピ

■タラコキャロット
タラコキャロット
■材料(4人分)
金時にんじん(中) 2本 たらこ(中) 2個
黒ごま 少々 サラダ油 少々
■作り方
  • 金時にんじんは皮をむきせん切りにする。
  • たらこは皮を除き、中身を出す。
  • 鍋に油を熱し、にんじんを炒め、火が通ったらたらこを入れ、さらにとろ火で炒め、パラパラにする。
■ポイント
  • たらこの量は好みで加減する。油の量が多いとべとつくので少なめに。
  • 好みで、ごま油を加えると、風味が出て良い。
■にんじんスープ
■材料(4人分)
金時にんじん 200g スープ(スープの素3個+水6カップ)
たまねぎ 100g バター 大さじ3
大さじ4 刻みパセリ 少々
ベーコン 2枚 塩、こしょう
■作り方
  • 金時にんじんは薄く切り、ベーコンも細かくきざむ。米は洗い水気をきる。
  • 鍋にバターを熱し、(1)を入れて軽く炒め、スープを加えてふたをし弱火で20分煮る。材料が柔らかくなったら火を止めて冷まし、ミキサーにかける。
  • (2)を鍋に戻し、火にかけ一煮立ちさせ、塩、こしょうで味をととのえ、器に盛ってパセリをふる。
■ポイント
 米はごはんで代用できるが、米を使った方がサラッとしたとろみがつく。