さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

白菜

白菜

産物メモ

 原産地は中国で、日本へは明治8年に清国から東京博物館に出展され、その後国内に導入されました。
 葉は柔らかく、繊維が少なく冬の野菜として、鍋物、漬物に欠かせない物の一つです。
 栄養的には、ビタミンCが多く含まれています。

おすすめの食べ方

○白菜のサラダ: 白菜は軸と葉を分けてせん切り、トマトはくし形に切り、きゅうりは薄い輪切りにし、かきフライやコロッケの付け合わせやサラダにするとおいしい。
○即席漬: 白菜(1/4〜1/2個)の軸は4cm角ぐらいのそぎ切り、葉はザク切りにする。白菜と切り昆布、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ1、塩小さじ11/2、一味唐辛子適量を加え、軽く重石をし1〜2時間たってから食べる。水気をしぼりレモン汁をかけて混ぜる。

上手な選び方

 巻きが堅くしまっており、重い物がよい。

上手な保存方法

 保存方法は、新聞紙に包んで、立てて冷暗所に置くと長持ちする。

料理レシピ

■白菜のクリーム煮
白菜のクリーム煮
■材料(4人分)
白菜 2枚 バター 2cm角
白身魚 4切れ 小麦粉 大さじ5
にんじん 小1本 牛乳 4カップ
スープの素 2個
塩、こしょう 少々
■作り方
  • 白身魚は、水2カップを煮立たせた中でゆでる。骨を除いて3つに切る。ゆで汁はこし、スープの素を溶かしておく。
  • 白菜は葉と軸の部分を分け、軸は大きめのそぎ切り、葉はざく切り。にんじんは皮をむき、縦半分に切り、2〜3mmの厚さの半月切りにする。
  • 鍋にバターを熱し、にんじんを炒める。小麦粉を一度に加え、弱めの中火で炒め合わせる。炒まったら火を止め、(1)のゆで汁を2〜3回に分けて加え、再び火にかける。焦がさないように注意しながら滑らかになるまで煮込む。
  • 牛乳、白身魚、白菜の軸を加え、とろみがついて沸々してきたら塩、こしょうで調味する。白菜の葉を加えてさっと火を通す。スープが固ければ、牛乳を加えてゆるめる。