さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 香川の特産物と新しい料理 > アスパラガス

アスパラガス

アスパラガス

産物メモ

 日本には江戸時代にオランダ人によって伝えられました。主に観賞用でしたが、食用としては大正時代に北海道で栽培が始まりました。アスパラガスとは「たくさん分かれる」とか「激しく裂ける」というギリシア語が語源と言われています。
 疲れをとるアスパラギン酸や、高血圧を防ぐルチンが含まれています。
 県内では観音寺市、丸亀市などで多く栽培されています。

おすすめの食べ方

○炒め物: 根元の固い部分は厚めに皮をむき、固めにゆでてから炒めるとよい。
○サラダ: 根元の固い部分は厚めに皮をむき、ゆでる。ほとんどのドレッシングと相性がよい。アスパラガスもドレッシングもキリッと冷やして食べるとさらにおいしい。
○焼きびたし: 根元の固い部分は厚めに皮をむき、焼き網にのせて、中火で少し焦げめのつくように、時々返しながら焼く。熱いうちにだしじょうゆに漬け、味をからませる

料理レシピ

■グリーンアスパラガスの牛肉巻
グリーンアスパラガスの牛肉巻
■材料(4人分)
牛肉薄切り 200g A しょうゆ 60cc
グリーンアスパラガス 4本 みりん 50cc
にんじん 40g 30cc
いちご 1/2パック 砂糖 30g
塩、こしょう、油 少々 赤ワイン 少々
パセリ 少々 しょうがをおろしたもの 少々
片栗粉(コーンスターチ) 少々
■作り方
  • アスパラガスはさっと塩ゆでし、1本を4等分に切り分ける。
  • にんじんは皮をむき、アスパラガスと同じくらいの大きさに切り、ゆでる。
  • 牛肉を広げて塩とこしょうをふり、切り分けたアスパラガス3本とにんじん2本ずつを巻いていく。
  • 〔A〕の調味料を合わせ、よく混ぜておく。
  • フライパンに油を熱し、巻いた牛肉を焦げ色がつくまで焼く。そこに〔A〕の調味料をかけて、少し煮詰めたら、牛肉を取り出す。
  • フライパンに残ったたれに水溶き片栗粉を入れてとろみをつけ、盛りつけた牛肉巻の上にかける。
  • パセリを添えて盛りつける。
    ※牛肉巻は斜めに切って、切り口を見せるとおいしそうに盛りつけることができる。