さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 香川の特産物と新しい料理 > トマト、ミニトマト

トマト、ミニトマト

トマト、ミニトマト

産物メモ

 西洋のことわざに「トマトが赤くなると医者が青くなる」「トマトのある家に胃病なし」とあるようにトマトは栄養価の高い食品です。ビタミンの宝庫でβ−カロチン、ビタミンC、E、Bなどが多く含まれています。
 高松市、志度町、多度津町などで栽培されています。

おすすめの食べ方

○ステーキ: 実のしっかりしまった熟れたトマトが手に入ったら、フライパンに油を熱し、3〜4センチの輪切りしたトマトを強火で焼く。塩と黒こしょうをふり、レモンの絞り汁を少しかけて食べる。
※肉や魚の付け合わせにも重宝する。
○スープやソース: 旬の時期によいトマトが安く手に入ったら、ゆでた後、冷凍保存し、スープやスパゲティのソースに使うのもよい。
○シチュー: 完熟トマトを2、3個加えてシチューを煮ると味にこくが出ておいしくなる。

料理レシピ

■花サラダ
花サラダ
■材料(4人分)
ミニトマト 20個 貝割れ大根 1/3パック
1個 少々
マヨネーズ 大さじ1〜2 パセリ 少々
レタス 3枚
■作り方
  • ミニトマトのへたを取り、2つ切り離して、中身を取り除き、切り口を下に向けて水分を出す。
  • 卵をゆでて、おろし金などですりおろしてつぶす。その中に塩、こしょう少々とマヨネーズを入れ、よく混ぜる。(黄身の部分は少し残しておく。)
  • しぼり袋などを使って、(2)をミニトマトの中に入れる。すりおろした黄身の部分を表面に置き、その上にパセリのみじん切りを飾る。
  • 器にレタス、貝割れ大根を敷き、その上に(3)を盛りつける。