さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 香川の特産物と新しい料理 > ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリー

産地&歴史

 食卓にのぼる野菜として一般化したのは昭和40年代と意外に遅く、50年代後半、緑黄色野菜が見直されるようになったのをきっかけに急速に消費量が増加しました。
 県内では、三豊地域などで多く栽培されています。

栄養と特性

 各種ビタミン、カロチン、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれ、栄養価に優れ、加えて食物繊維も多く含まれています。
 とくに、ビタミンCは、野菜の中でもパセリにつぐ豊富さです。

おすすめの食べ方

○てんぷら: 固めの塩ゆでにし、こしょうを少々ふる。薄めの衣をつけて油で揚げる。彩りにもおすすめ。
○サラダ、あえ物: ドレッシングやマヨネーズを使ったもの、辛子、みそ、ごま、梅、酢、しょうゆであえたもの等、いろいろと我が家の味を工夫してみるのも楽しい。
○炒め物: 固めの塩ゆでにして使う。
○納豆あえ: 納豆100g、卵1個、しょうゆであえる。
○ごま入りサラダ: ソースとしてマヨネーズ1/2カップ、白ごま大さじ4、しょうゆ小さじ1であえる。
○豆腐とみその変わりあえ: 豆腐1丁、みそ1/2カップ、ごま大さじ3であえる。
○チーズ揚げ: 衣の中にチーズを入れ、パン粉をつけて揚げる。

調理のコツ

  • たっぷりの湯に、1%の塩を入れ、小房にわけてゆでる。ゆで過ぎると、つぼみがくずれるので、ほどほどにする。その後ざるにとって水を切る。
  • アクは少ないので水にとる必要はない。鮮やかな色を出すためにも塩を忘れずに入れる。揚げ物にする場合は、少し固めにゆでてから、油で揚げると色もきれい。

上手な選び方

 茎が太くしっかりしており、切り口がみずみずしいものを選ぶ。
 つぼみが固く、緑色が濃いものがよい。つぼみが黄色っぽいものは古く、味がおちるので好ましくない。

上手な保存方法

 ビニール袋に入れ、茎を下にして冷蔵庫の野菜室で保存する。
 固めにゆでたものを冷凍保存してもよい。

料理レシピ

■ブロッコリーとえびの帆立煮
ブロッコリーとえびの帆立煮味にくせがないのでいろいろな料理にむきます。
■材料(4〜5人分)
ブロッコリー 1株(400g) 大さじ4
えび(むきみ)大 100g しょうゆ 小さじ1
帆立貝柱水煮 1缶(250g) 小さじ1
ごま油 小さじ2 片栗粉 大さじ1
コンソメスープ 2カップ 大さじ1
■作り方
  • ブロッコリーは小房に分け、塩ゆでする。
    茎は皮をむいて食べやすい大きさの棒状に切る。
  • 鍋にごま油を入れ、えび、ブロッコリーを入れて炒める。
  • 帆立貝柱水煮を汁ごと加え、さらにスープ、しょうゆ、塩を加えて7〜8分煮る。
  • 仕上げに水溶き片栗粉を加えてひと煮立ちさせ、とろみをつける。
■ブロッコリーのいろいろあえ
■材料(4〜5人分)
○ごまあえ ○みそマヨネーズあえ
ブロッコリー 1株 ブロッコリー 1株
ごま 大さじ2 マヨネーズ 大さじ2
しょうゆ 適量 みそ 大さじ1
○辛子しょうゆあえ ○梅しょうゆあえ
ブロッコリー 1株 ブロッコリー 1株
しょうゆ 適量 梅干し 大1個
だし汁 しょうゆ 大1〜2杯
練り辛子 砂糖 少々
白ごま 大さじ1 ○カッテージチーズあえ
○辛子めんたいこあえ ブロッコリー 1株
ブロッコリー 1株 カッテージチーズ 半カップ
辛子めんたい 1腹 マヨネーズ 大さじ1
しょうゆ、酒 少々 塩、こしょう 少々