さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページ > 香川の特産物と新しい料理 > 手づくりの果実酒を楽しむ

手づくりの果実酒を楽しむ

―左から、きんかん酒、すもも酒、梅酒、かりん酒―

作り方のポイント

(材料) 果実は果肉がしまっていて、傷がなく、酸味の強い物を選ぶ。
果実以外に、ハーブ、薬用になる植物なども広く使える。
(アルコール) 35度の焼ちゅうが一般的だが、ウイスキーやブランデーを焼ちゅうの代わりに使ったり、混ぜて、作ってもよい。
(砂糖) 氷砂糖がよく使われていたが、材料が柔らかい場合や早く取り出したい場合はグラニュー糖や白砂糖の方が適当。
 ※そのまま飲む以外に、炭酸水やソーダで割ったり、何種類かブレンドしてカクテルにしてもよい。お菓子の香りづけにも使える。

一口メモ

 子供用には、アルコールを使わずに、砂糖やハチミツを使って濃縮シロップを作る方法がおすすめ。ビンに果物を入れ、8割程度の砂糖を加え、浸透圧を利用して、果物の水分やエキスを引き出します。
 途中、ビンをふるなどして早く水をあげてやることがポイントです。

〔主な果実酒等の作り方〕

※焼ちゅう(ホワイトリカー)1リットル当りの分量
名称 材料 熟成期間 作り方と注意
梅酒 青梅
500〜750g
3ヶ月 青梅は堅くて、きずのないものを選び、洗って水分をよくふきとる。梅の実は1年間くらい入れておき、煮梅やジャムに用いる。
いちご いちご500g
レモンまたは
夏みかん
1/2個
1ヶ月 いちごは水洗いし、ヘタを取り水けをふき、レモンの薄切りとともに入れる。1ヶ月後にいちごは取り出す。
すもも すもも
5〜6個
3ヶ月 やや固めの果実を用いる。3か月位から飲める。半年位たったら実を取り出し、ふきんで酒をこしてから保存する。
きんかん きんかん
400〜500g
1〜3ヶ月 水洗いしてから、水気をよくふき取り、漬け込む。香りのよい酒に仕上がる。風邪によい。
ゆず ゆず
2〜3個
1〜3ヶ月 水洗いしてから、水気をふき取り1cmくらいの輪切りにして漬け込む。3ヶ月くらいたったら実を取り出す。ゆずの香りがすばらしい。
かりん かりん
400〜500g
2ヶ月以上 かりんは表皮にワタ毛がついているので、よく洗い、水気をふいてくし型または輪切りにしてつける。熟成しても実はそのまま入れておいたほうがよく、香りのすばらしい酒ができる。
温州みかん みかん
500g
レモン
1〜2個
2ヶ月 みかんは皮をむいて、白い筋と皮の白い部分をこそげて皮と共に入れ、レモンは果肉だけを全部入れる。1週間くらいたったら、みかんの皮だけ出し、2ヶ月すると実を出す。
にんにく にんにく
150〜200g
6ヶ月以上 にんにくは表皮を除き、たて二つに切ってつける。粒を2つ位に切る。臭みをやわらげるために5分蒸して使うのもよく、しそや夏みかん、レモンを加えてもよい。熟成しても実はそのまま入れておいてよい。
しそ 青じその葉、
穂、茎など
100g
1ヶ月以上 青じそは茎ごと洗ってひもで結び、2日間ほど陰干ししたものをつける。3ヶ月たったら引き上げる。香りがよい。梅酒やみかん酒とのカクテルによい。
松葉 松(新芽)
100〜150g
2ヶ月以上 よく洗い水気をきって漬け込む。2ヶ月くらいで熟成するが、松葉は取り出さない。高血圧、強壮鎮静によい。
※砂糖は、好みで200〜500g位加える。甘さを控え目に、作り込んでおいて、飲用の際に甘みを加えるのもよい。砂糖の代わりにはちみつを使ってもよい。