選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

産地情報

金時にんじん

讃岐が誇る冬の味覚 鮮やかな朱色の金時にんじん

写真
団体名 香川県農業協同組合 綾坂地区営農センター園芸課
団体所在地 坂出市高屋町1086番地3
TEL番号 0877-47-0314
生産者名 株式会社小原農園
取締役社長
小原 克啓さん
出まわり時期
11月〜3月
生産者おすすめの食べ方
金時にんじんジュース
金時にんじんのきんぴら
おせち料理、煮物、かき揚げ、生食
購入できる場所
県内スーパー
JA産直市場

 おせち料理の煮しめや雑煮だけでなく、和食に多く用いられている金時にんじん。香川県は、全国一位の生産量を誇っています。小原さんは、坂出市の塩田跡地を利用した、ミネラルを豊富に含んだ砂地で栽培。水はけも良く、恵まれた地質で育った金時にんじんは、深い朱色の美しさだけでなく、強い甘みとやわらかな肉質、みずみずしさ、まっすぐに長く伸びた形状が自慢です。ビタミンAやリノレン酸、抗酸化作用が注目されているリコピンなど、現代人に欠かせない栄養素を多く含みます。味がよく、栄養も豊富とあって、健康志向の方や女性に大人気です。そんな讃岐が誇る冬の味覚は12月が旬。おせち料理はもちろん、温かいシチューやカレー、普段の料理に取りいれてみてはいかがですか。

生産物の特長
■金時にんじんの選び方
色が濃く鮮やかで、形は太めのものがおすすめです。12月に収穫された、旬の金時にんじんは、特に色鮮やかで糖度も高く、にんじん好きから、苦手な人まで、是非食べて欲しい冬の食材です。

■金時にんじんのあれこれ
金時にんじんは、現代人に欠かせない栄養素を多く含んでいます。特に注目されているリコピンは、抗酸化作用が期待される期待の星です。加熱したり、油と組み合わせると吸収率もアップ。中でも、オリーブオイルとの組み合わせは吸収率に優れているのでおすすめです。
作業内容
■高く盛り上げられた畝
土壌線虫防除を終えた土地を、トラクターでしっかり耕した後、畝を作ります。金時にんじんは、固い土質では、まっすぐで美しい形上に育ちません。大きくなる毎に、盛り上げられ高くなった約40cmの畝は、金時にんじんがのびのびとまっすぐに育つためのポイントです。

■雨風にさらされて
畝は、一度積み上げた後も、雨風にさらされている間、何度も土が崩れ、通路の溝に流れてしまいます。金時にんじんの頭の部分が土から出て日光に当たると、変色し、商品としてのランクが下がります。その為、小原さんは、台風や雨風で崩れた畝を注意深く見守り、その都度、崩れた土を戻す作業を繰り返しているのだそうです。約350rという畑の広さを考えると、途方もない作業に驚かされます。

■病気と虫が大嫌い
金時にんじんは、病気と害虫にとても弱い植物です。少しでも予防を怠ると、すぐに症状が現れます。8月の真夏は特に虫がわきやすく、播種後すぐの防虫作業と、その後収穫までの2度の作業を行い、万全の体制を整えています。

■有機肥料のちから
小原さんはこだわりの有機肥料を通路に蒔き、通路の土と混ぜ、テーラーと言われる専用の機械で、高い畝に手直ししながら肥料を施しています。有機肥料は、金時にんじん独特の色味と甘みに絶対に欠かせないものなのだそう。鮮やかな朱色は、栄養満点だからこそ見られる色なのですね。

■潅水の難しさ
金時にんじんの栽培において、最も気を使う作業は「潅水」なのだそう。夏、冬、台風の季節、晴れの日、雨の日、それぞれの天候に合わせて水を加減し、必要なだけの潅水を行ないます。水の量が少なすぎると、美しい朱色が出ず、また、水が多すぎると、割れてしまったり、黒い斑点(目黒)が出来てしまいます。小原さんは、長年の経験により、適時適量の潅水を行い、みずみずしく元気に育った、真っ赤な金時にんじんを収穫しています。

■金時にんじんのおめかし
収穫したばかりの金時にんじんは、あの光り輝くような朱色をしていません。余分な葉を除き、細い根を取り、洗浄ブラシで磨き、薄く皮をむいて初めて、店頭に並ぶ美しい状態になるのだそうです。収穫後に行なわれるその細やかな作業の途中、どんなに気を使っても、実が割れてしまったり、根が折れてしまう金時にんじんに、とても悩まされていると、小原さん。最後の最後まで、まるで箱入り娘のように大切にされているお話がとても印象的でした。