スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

島そうめんの千本ばし

島そうめんの千本ばし写真
伝承されてきた背景
 小豆島では、虫送りや法事の手伝い、気のおけない同士の集まりや内々で食べるそうめんは「千本ばし」で食べます。にゅうばちと呼ぶ大きいはちや上だらいに夏は井戸水、冬には湯を張って浮かし、四方八方から、食べ手のはしが伸びるところから『千本ばし』といわれます。互いにはさんだめんがつながっていたりすることもあり、たらいうどんの元祖といったところです。
 小豆島のそうめん作りは、400年ほど前、農作業の暇になる冬の副業として始まりました。原料の小麦や塩、めんに塗るごま油も島内産でした。
 うどんの原料と同じ小麦粉で細いそうめんに仕上げるには、細く延ばしても切れないだけの十分なデ(粘り)を出すために早朝から2日間にわたる多くの製造工程を経て作られるのです。
 ちなみに「長さ19cm、重さ50g、その数320〜350本」、これが小豆島手延べそうめん1束の規格です。  
主な伝承地域
小豆島全域

材  料
4人分
  • そうめん  8束
  • 細ねぎ  1束
  • 生姜しょうが  1片
だし
  • 水   10カップ
  • 大豆   1カップ(160g)
  • 煮干し  1つまみ(50g)
つけだしの割合
  • 大豆と煮干しでとっただし汁   4
  • しょう油   1
  • 酒(清酒)  0.5〜1

【つけだしの作り方】
(1) さらしの袋を縫って、この中に煮干しを入れ、大豆と共に水から入れて火にかけ、沸騰までは強火で煮る。あくが出てくるので火をとろ火にしてあくを取り除く。再び火加減を強くし、沸騰させない状態で煮ると再びあくが出るので取り除く。これを4〜5回繰り返す。
(2) あとは、とろ火で、はじめの水の量が2/3になるくらいまで水分を蒸発させて、うま味を凝縮させる(2時間弱)。煮干を取り出し、しょう油と酒で調味する。
【そうめんのゆで方】
(1) そうめんは、テビかみを取り除いておく。たっぷりの沸騰湯の中にさばき込み、さっと混ぜ、軽く沸騰を続けながら1分30秒から2分ゆでる。
(2) ゆだれば湯を切り、冷水でもみ洗いしてそうめんをしめ、水気を切る。
【食べ方】
 にゅうばちとよぶ大きいはち(又は上だらい)などに、夏なら井戸水、冬なら 湯を張ってそうめんを浮かして、すぐにいただく。猪口(ちょく) にだしと大豆を入れ、刻みねぎ、おろし生姜しょうが 、季節によってはみょうがの細打ちなどを添える。

伝承一口メモ

 かつて、千本ばしの「だし」には、必ず大豆を使いました。たんぱく質を多く含む大豆は、旨みと甘味を存分に持っています。食べる折は、大豆も共に猪口ちょく に入れて食べるしきたりでした。
 炭水化物の麺にたんぱく質の大豆を添えるのは、今の栄養学的にも納得です。
 かつて、井戸は天然の冷蔵庫でした。腐りやすい麦ごはんをいかきに入れてり下げたり、冷たいのがご走のスイカやトマト、ラムネも冷やしました。