スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

里芋

里芋写真
■「里芋」とは
 里芋の原産地はインド、スリランカ及び中国南部といわれています。日本には南方民族の移動により伝えられたともいわれたり、あるいは中国から渡来したともいわれています。
 香川県では、まんのう町、高松市で多く栽培されており、採れ秋に小いもの上を切って蒸す「けつむぎ(きぬかづぎ)」は、子どものおやつに重宝しました。
 同じ芋でも里芋は、さつまいもやじゃがいもとは異なり、かつては、常の日に食べるということはなく、祭りのおすしの具や正月の煮しめ等、ハレの日に用いました。家の近くの一畝に栽培して、赤目芋からはずいきをとり、出産後の古血下ろしに良いとして、味そ汁やごま和えなどに入れ、産婦に食べさせました。

里芋を使ったおすすめ料理
里芋コロッケ
里芋コロッケ写真
■材料
4人分
  • 里芋     300g
  • にんじん   50g
  • おから    300g
  • 鶏ミンチ肉  120g
  • 干ししいたけ 30g
  • サラダ油   適量
  • しょうが   少々
  • 片栗粉  大さじ2
  • 塩、こしょう  少々
調味料
  • 酒    大さじ1
  • 砂糖   小さじ1
  • しょうゆ 小さじ1

■作り方
(1) 里芋は皮をむいて、ゆで、つぶす。
(2) おからと(1)のさといもを混ぜて、塩、こしょうで味をつける。
(3) 干ししいたけ、にんじん、しょうがはみじん切りにして、鶏ミンチ肉とともにフライパンで炒めて、調味料で味を調える。
(4) (2)に(3)を加え、片栗粉を混ぜて、一口大に丸めて、油で揚げる。