五郷地区GOGO

ホーム > 地区から選ぶ > 五郷地区

地図 山びこ市 イノシシ肉 だんご汁 季節の山菜料理等 五郷の水車 ホタル 讃岐と阿波を結ぶ峠 龍水乃滝 法泉寺 豊稔池 田野々雨乞踊

県道8号 … 対向2車線道路
県道9号 … 1.5〜2車線(一部狭少)

地図のみ印刷する
  • こもけだんご
    郷土料理
    お母さんになった時に食べる、米粉で作った団子入りのお汁
  • 山びこ市
    産直市
    豊稔池堤前広場
    豊稔池堤前広場で毎月第三日曜に実施
  • イノシシ肉
    農産物
    ヒラカツ猪肉販売所
    五郷で「狩り場焼き」といえば、イノシシのバーベキューのこと
  • イタドリ
    農産物
    五郷ワラビ会
    「五郷わらび会」が下処理済の冷凍イタドリを商品化
  • だんご汁
    食事処
    イシイうどん
    郷土料理の「だんご汁」が食べられる
  • 季節の山菜料理等
    食事処
    ギャラリー茶房まんさく
    山菜や地元食材を使ったご飯が食べられる山の中のカフェ
  • どりっこちゃん
    レシピ
    イタドリを使った料理です
  • こもけだんご
    レシピ
    栄養豊富な五郷の郷土料理レシピ
  • 五郷の水車
    観光
    五郷里づくりの会
    五郷の里に水車を復活させました
  • ホタル
    ホタル
    前田川
    6月にはホタルが乱舞。美しい星空も
  • 讃岐と阿波を結ぶ峠
    夜景・歩く
    曼陀峠
    標高600mの遍路道「曼陀峠」
  • 龍水乃滝
    景色
    龍水乃滝
    旧曼陀峠沿いにある滝
  • 法泉寺
    景色
    法泉寺
    境内の紅葉は1本の木が3色に染まることで有名
  • 豊稔池
    景色
    豊稔池
    日本最古の石積式アーチダムをもつ。夏のゆる抜きは風物詩
  • 田野々雨乞踊
    伝統文化
    田野々自治会館前広場
    無形民俗文化財指定。9月5日に実施

大野原町「五郷の物語」

香川県の西、観音寺市そして大野原を潤す柞田川(くにたがわ)の源流に「五郷」という山村があります。山の辺に佇む5つの村落、すなわち「井関(いせき)」「内野々(うちのの)」「田野々(たのの)」「有木(ありき)」「落合(おちあい)」「海老済(えびす)」「一砂(いっさこ)」を総称して『五郷』と呼びます。
古くは、伊予や阿波、土佐へと通じる峠道として、四国の様々な文物が五郷を通って讃岐にもたらされてきました。

五郷にはたくさんの宝があります。
江戸時代から農地を潤してきた「井関池」。田野々の村人総動員で工事に協力したという、日本最古の石積式アーチダムをもつ「豊稔池」。春のツツジ、秋の紅葉が美しい「五郷ダム」など、それぞれに大野原の水がめとして農業や人々の暮らしを支えてきました。

こもけだんご 「山村の恵みに感謝していただく。」この思いは、内野々地域の郷土料理「こもけだんご」からも伝わってきます。見晴らしの良い傾斜面が広がるこの地域は、五郷の中でも農業の盛んなところです。
稲作が盛んになったのは、昭和40年頃といわれます。ご飯といえば、まだ麦とお米が半々だった頃、それでも子供が生まれたときには、お祝いにと米粉で団子を作ったそうです。“子をもうける”で“こもけだんご”。お乳がよく出るようにと、もち米入りの米粉で団子を作り、きな粉をまぶして、ご近所さんがお祝いに持って行く。いつもは小麦で作る団子汁も、この時ばかりは「こもけだんご」が入って、五郷のお母さんたちは、子供のためにと嬉しそうに一生懸命食べたのだとか。温かな思いのこもったふるさとの物語は、今でも五郷の家庭に伝えられているそうです。

山菜と山桜、新緑と蛍の時期が過ぎれば夏の清流が迎えてくれる五郷。その中でも山深い土地柄といえば、平家伝説のある「有木」や「落合」、そして五郷ダムの上流の徳島県と愛媛県の県境に位置する「海老済」や「一砂」です。ここには、ワラビ、タケノコ、フキ、ゼンマイ、イタドリなど豊富な山の恵が溢れています。
そして、地元のお祭りでは、夏バテ防止にタラ入りのおにぎりを食べたり、4月の第一日曜日には、有木で採れたヨモギを使って、雲辺寺でよもぎ餅のお接待があったりと、山の恵が当たり前のように暮らしの中に息づく地域です。
平成19年には、五郷の皆が気軽に集まれる場を作ろうと「五郷わらび」会が発足しました。五郷のイタンコ(イタドリ)やこんにゃくは、五郷特産のミカンとともに、地元の産直市「山びこ市」やイベント等で販売され、新たな五郷名物の誕生が期待されています。

前のページに戻る

ページの先頭へ