KAGAWA PREFECTURAL AGURICULTURAL COLLEGE
農大 香川県立農業大学校
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ:

コース紹介
野菜園芸コース

学生自治会のコース紹介はこちらから

写真:ナスの定植作業
ナスの定植作業

野菜づくりを通じて、君も農業人をめざそう!!

 野菜園芸コースでは、講義、実習を通じて各種野菜の栽培技術を習得を目指すだけではなく、 とれたてで鮮度の高い農産物を直売所で販売して、消費者ニーズに対応した野菜づくりについての課題に取り組んでいます。
 また、2学年時には、県農業試験場、先進農家等で専攻実習が受けられるため、自分の将来ビジョンに合わせた技術習得が可能です。
 君も野菜づくりを通して、将来の可能性を探ってみませんか?

花き園芸コース

学生自治会のコース紹介はこちらから

写真:切花の出荷調整作業
切花の出荷調整作業
花を通して喜びをあなたへ!

 農業大学校では、講義の他に農場での実習が大きなウェートを占めています。
 現在、花き園芸コースの実習では、キクやカーネーションなどの切り花から、ポインセチアやサイネリア等の鉢物、パンジーやサルビアなどの花壇苗に至るまで、一年を通して花を栽培しています。
 作業は温室内で行うことが多いので、暑い時は特に大変ですが、育苗から植え付け、潅水、施肥、防除などの管理を行い、やっとの思いで咲かせた花を見ると、今までの苦労も報われます。
 経験の有無は関係ありません。花が好きな人は、ぜひ当コースで学んでみませんか。

果樹園芸コース

学生自治会のコース紹介はこちらから

写真:カキの剪定作業
カキの剪定作業
季節を歩む果樹栽培

 店先のフルーツコーナーに並んだ、みずみずしい「枇杷(びわ)」を見て夏の訪れに気付き、紅(くれない)の鮮やかな「柿」を見て秋の侘しさを感じます。そして多くの人が「みかん」を食べて炬燵(こたつ)のぬくもりや暖かな団欒(だんらん)を思い浮かべます。このように旬の果物は、単なるデザートとしての食べ物でなく、私たちに豊かな生活と文化をもたらせます。
 多くの果樹は、春に花を咲かせ、夏から秋にかけて実を結ぶため、1年に1作となります。そのため、剪定や摘果など、1年に1度しか経験できない管理が多く、高い技術と豊富な経験が要求されます。
 果樹園芸コースでは、主要な果樹ついて生産から販売までの専門的な技術と知識を習得し、作りこなせるように指導しています。

造園緑化コース

学生自治会のコース紹介はこちらから

写真:網代垣の製作
網代垣の製作
環境緑化で人や街に潤いと安らぎを!

 造園緑化コースでは、造園緑化に関する基礎的な知識や技術について、講義とともに樹木等の育成・剪定や庭園施工などの実習をしながら学びます。
 造園技術は、土木・施工といったハード面の技術だけでなく、庭のデザインでは感性が要求され、植栽する植物の知識も必要です。また、日本庭園の作庭には古来からの伝統技法の習得も大切です。
 昨今の就職事情をみると、技術系の就職先が見直され、人気も高まっています。当コースでは造園関連の就職に有利な資格取得も行っており、専門スキルの習得に役立ちます。
 造園の仕事は、最近のガーデニングブームにより、お洒落で格好いいイメージがありますが、実際には根気と体力のいる作業が多く、基本的に庭づくりや植物が好きでないと長続きしないと思います。
 造園実習で、みんなで苦労して汗を流し、一つのものが出来上がった時には、何とも言えない充実感が得られます。自分の努力や工夫が形に残るので魅力とやりがいが感じられるはずです。
 近年の環境問題、ストレス社会の中で、農業とともに造園緑化への期待も高まっており、造園緑化は地球と人にやさしく社会的に意義のある産業です。造園緑化に興味があり、自分を磨き、研鑚を積みたい人は是非、農大の門をたたいてほしいと思います。

畜産コース

学生自治会のコース紹介はこちらから

写真:カーフハッチでの子牛のミルク給与
カーフハッチでの子牛のミルク給与
写真:ミツバチの病気の検査
ミツバチの病気の検査
家畜とふれあい、仲間とともに

 畜産コースは、牛、豚、鶏からミツバチに至るまでその知識と技術を習得するために、講義、実習を受けます。
 1学年では、優れた肥育技術の肉牛生産農家、高い技術力のある酪農家、大規模経営が進む養豚農家、京阪神の大消費地を控えた養鶏農家などの先進的畜産農家で農家実習に取り組みます。
 2学年では、各人の選択した畜種でより専門的な知識と技術を習得するため、香川県畜産試験場や先進的畜産農家で週3回の専攻実習や、畜産試験場で畜産生産物である牛乳、豚肉、鶏肉の加工実習にも取り組みます。
 2年に1回、香川県主催の家畜人工授精師養成講習があり、その資格取得も可能です。 畜産に興味がある方、ぜひ畜産コースへきてみませんか。

 


農大のできごとへ    トップページへ戻る

▲このページのトップへ