KAGAWA PREFECTURAL AGURICULTURAL COLLEGE
農大 香川県立農業大学校
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ:

技術研修科

  新規就農を希望する人を対象に基礎から農業を学ぶ「就農を支援するための研修」や、 農業者などの技術向上を図る「営農技術向上を図るための研修」、広く県民の方に農業体験などを通して農業理解を深める「農業理解促進を図るための研修」などを実施しています。主な研修は次のとおりです。

■ 就農を支援するための研修

研修項目 研修コース 修学期間 内     容
かがわ農業MBA塾
(平成29年度新規開設)
※平成29年度の募集は
終了しました
年間12日
(72時間程度)

農業者が営農をしながら体系的に農業経営を学ぶ場として、また、企業的経営感覚を備えたリーダーの育成を図る研修

>>カリキュラムはこちら

就農実践研修
※平成30年度の募集は
終了しました
野菜コース
花きコース
果樹コース
1年

農業経営に必要な実践的知識及び栽培管理技術に関する研修。研修期間は、4月から1年間です。

就農準備研修
平成30年度研修生募集
野菜コース
花きコース
果樹コース
4か月

就農に必要な基礎知識及び栽培管理技術に関する研修。研修期間は4か月で、4月、8月、12月の年3回開講します。
*U期は果樹の募集はありません。

就農基礎講座
平成30年度研修生募集

夜間講座6回、半日程度の実習2回を主体に、香川県農業の基礎的知識や簡単な農場実習を学ぶ研修です。
T期(6月〜7月)、U期(10月〜11月)

>>内容、日程など詳細はこちら


○カリキュラム
科目 講座名(主なもの)
共通科目 農業講座
コース
別科目
野菜コース 野菜栽培(果菜・葉茎菜・根菜)
花きコース 切り花栽培、鉢花栽培
果樹コース カンキツ栽培、キウイフルーツ栽培、モモ栽培、 カキ栽培、ブドウ栽培
選択科目
※就農実践研修のみ
(担い手養成科授業を聴講)
園芸・作物概論、園芸施設、農畜産概論、農業簿記、農業経営、農業政策、アグリビジネス・マーケティング論、植物防疫、土壌肥料
営農技術向上を図るための研修

○農場実習(平成28年度実施状況)
就農実践研修・就農準備研修ともに
 ◇野菜コースは週1日(午前・午後)
 ◇花き・果樹コースは月・水・金曜日の午後

研修コース 曜日
野菜コース 月曜班 水曜班 金曜班
花きコース 午後 午後 午後
果樹コース 午後 午後 午後
※野菜コースは班編制にて原則週1日の実習です。

営農技術向上を図るための研修1

営農技術向上を図るための研修2

■ 営農技術向上を図るための研修

 農業機械利用技能者養成研修は、大型トラクターの安全運転操作や点検・整備など、農業機械の利用技術を習得するための研修です。大型特殊免許(農耕車限定)、けん引免許(農耕車限定)、農業機械士の資格取得を目指します。

研修区分 内容
講義 実習 資格取得等
農業機械利用技能者養成研修 T
※キャンセル待ちを受付中
関係法規、農作業安全 コース運転 大型特殊免許
(農耕車限定)
農業機械利用技能者養成研修 U
※キャンセル待ちを受付中
関係法規、農作業安全 コース運転 けん引免許
(農耕車限定)
農業機械利用技能者養成研修 V 基礎知識、構造と機能
点検整備
仕業点検、ロータリ耕、
簡易な修理
農業機械士

就職を支援するための研修1  就職を支援するための研修2

 

 農業者や農業指導者、JA香川県農業インターン生等を対象とした聴講生受け入れ研修や、新規就農者フォローアップ研修も実施しています。

研修区分 内容

フォローアップ研修

栽培管理
 (有機農業・農業機械利用・パワーショベル安全利用・パイプハウス組立)
栽培環境
 (病害虫防除と農薬適正使用・土壌診断・鳥獣害防止対策)

>>内容、日程など詳細はこちら

パイプハウス組立の実習

■ 農業理解促進を図るための研修

○農業体験研修:児童、生徒、教職員等を対象とした研修

◆農業体験内容:
・野菜栽培、果樹栽培、花き栽培の各種
品目での栽培管理の体験を実施。

 

研修生からのメッセージ

「地域農業のために」 妻鹿 千眞理さん

 私の実家は、かつては活気のある農家でした。しかし、両親の高齢から農地が遊休化していることを残念に思っていました。

 定年退職を迎えた今、少しでも元の農地に戻したいと思いましたが、どうやっていいのかわからなかったのが実状です。

 そこで、農業大学校に入学し、農業技術の基礎や経営者としての心構え等、1年間の研修を通してしっかりと学び、微力ながら地域農業の発展に貢献したいです。

「新規就農を目指して」 小澤 雄二さん
 私は農業を学び、就農するため、東京から祖父母の住む香川に移住しました。元々植物が好きで、前職でも植物を扱っていましたが、作る側である農業を志すようになりました。

 食の安全に対する関心は依然として高いと思います。私も「美味しく安心安全な野菜作り」を目指すため、農業大学校に入学し、講義や実習を通じて技術や経営力を身につけ、今後の農業経営をしっかりと考えます。

 

研修科のできごと

研修生の日誌より

「トマトトーン」の処理実習

平成30年5月21日
「トマトトーン」の処理実習

 研修も2か月目に入り、講義も農場実習も本格的になってきました。

 今日は、先月定植した大玉トマトの花房に「トマトトーン」の処理実習を行いました。

 処理のコツは、霧吹きで2〜3花開花している果房に向けてサッとひと吹きかけることでした。

 この処理をすることで、トマトの着果安定や肥大促進効果が得られると教わりました。

 実習で教わることは毎回知らないことばかりですが、これから1年間、研修仲間の方々と共にがんばりたいと思います。

(H30就農実践研修 野菜コース 鈴木 英世)


大玉トマトの定植

平成30年4月25日
大玉トマトの定植

 本年度の就農実践研修生は、年代も様々な10名が県内各地域から集まりました。それぞれに目的意識があり、意欲に燃えています!

 今日は、ハウス内で大玉トマト「ホーム桃太郎」という品種の定植作業を行いました。

 トマトは花房が同じ方向に向くという特性を考えて、苗の向きに注意しながら植え付けました。簡単なようでなかなか難しかったです。

 これから1年間、いろいろな野菜の実習や講義を通じて、勉強していきたいと思います。

 

(H30就農実践研修 野菜コース 妻鹿 千眞理)


パイプハウスの被覆資材張り替え

平成30年2月21日
パイプハウスの被覆資材張り替え

 2月下旬になり、ようやく春めいてきました。

 今日は、研修科の無加温パイプハウスの古い被覆資材を新しい被覆資材に張り替える実習を、専門の技術者の指導を得ながら、研修生約20名で行いました。

 古い資材の取り外し手順、新しい資材の設置手順など知らなかった技術の一端を勉強することができ、完成した瞬間は「できた!」と感動しました。

 29年度就農実践研修も3月1日には、修了式を迎えます。琴平宮の本殿を仰ぐ農場で実習し、素人に近い私達に、実習や講義を通じて教えていただいた先生方に、研修生を代表してお礼申しあげます。

(H29就農実践研修 野菜コース 武下 卓央)


西洋ニンジンのトンネル栽培

平成30年1月26日
西洋ニンジンのトンネル栽培

 修了式(卒業)まで残すところ1か月余りとなりました。

 研修生仲間の実習に取り組む姿勢にも、これからの就農に向けて一段と意気込みが感じられます。

 今日は、寒波が吹き荒れる中で、西洋ニンジンのトンネル栽培の播種をしました。

 収穫は5月上旬頃なので成果を見ることはできませんが、残りわずかな期間しっかり管理し、次年度の研修生にバトンタッチしたいと思います。

(H29就農実践研修 野菜コース 宮前 修)


西洋ニンジンの収穫

平成29年12月11日
西洋ニンジンの収穫

 今日は、西洋ニンジンの収穫を実習しました。

 播種後、10月から11月にかけて台風や長雨に伴う日照不足などから、生育が大幅に遅れましたが、何とか収穫できるまでになりました。

 これからの季節は寒さがより厳しくなるので、体調管理や作業事故には十分注意しながら、残りの学業をがんばりたいと思っています。

(H29就農実践研修 野菜コース N・S)


ショウガの栽培(その2 収穫編)

平成29年11月13日
ショウガの栽培(その2 収穫編)

 入校して8か月近くが経過し、実践研修生同志で修了後の進路などの情報交換もできるまでになりました。

 今日は、5月1日に植え付けた(研修科のできごと6月26日参照)ショウガを収穫しています。

 植え付けてから収穫まで、潅水、土入れ、敷わら、防除など先生方から教わり、立派なショウガが収穫できました。収穫作業中はショウガのいい香りが周辺に広がります。

 収穫自体は10月27日から始まって、「農大ふれあい市」でも新ショウガとしてたくさん販売しました。

 ショウガを食べて、体をあたため、寒くなってきた実習をがんばります。

(H29就農実践研修 野菜コース 大畑 正樹)


サツマイモの収穫

平成29年10月20日
サツマイモの収穫

 今日はサツマイモの収穫実習をしました。

 曇雨天の合間、他の研修生達といっしょに、小学生以来の「芋掘り」でした。

 かまぼこ型の畝からあらわれたサツマイモは、紅色が鮮やかで、どれもたくさんついていました。

 研修科では初めて作る品目ですが、11月11日開催の「農大ふれあい市」で販売するそうです。

 「農大ふれあい市」には研修科の野菜もたくさん販売しますので、お近くの方はぜひいらしてください。

※農大ふれあい市チラシはこちら

(H29就農実践研修 野菜コース A・I)


冬レタスの播種

平成29年9月25日
冬レタスの播種

 今日は、レタス(2月どり品種:TE242)の播種を行いました。プラグトレーへ1粒ずつ種をまく細かい作業は研修生全員真剣です。

 レタスはこれまでに、極早生品種・早生品種・リーフ系品種など計画的に播種作業を次々と実施してきました。

 今後、トンネル栽培も始まるので、管理方法なども先生方から教わりたいと思っています。

(H29就農実践研修 野菜コース R・F)


秋冬野菜の畝づくり

平成29年8月18日
秋冬野菜の畝づくり

 いままで長い間収穫や管理の実習をしてきた春夏野菜が終わりに近づいてきています。

 これからは秋冬野菜に変わっていく時期ですが、その前の準備作業として、畝づくりを 急ピッチで進めています。

 厳しい残暑の中、前作の片付け・堆肥の散布・マルチ張りなど私を含め研修生達は汗だくになりながら、ブロッコリーやキャベツなどの畝を作りました。

(H29就農実践研修 野菜コース 木村 英里)


「スイカの日」近し

平成29年7月10日
「スイカの日」近し

 今日、大玉スイカの初収穫をしました。

 6月初めに着果し、ピンポン玉くらいだったスイカがこんなに大きく重くなりました。

 スイカは90%が水分ですが、ビタミン、ミネラル、食物繊維などがバランスよく含まれていて、微量の食塩をかけて食べると、スポーツドリンクと同じような効果も期待できるそうですよ。

 リコピンなんかもトマトよりも多いそうで、びっくりです。

 7月27日は、「スイカの日」ですが、スイカを食べて夏を乗りきりたいですね。

(H29就農実践研修 野菜コース 瀧本 理絵子)


ショウガの栽培

平成29年6月26日
ショウガの栽培(その1)

 入学してから2か月余りが過ぎました。農業用語にも徐々に慣れ、「素直さ」を大切に、座学・実習・農家体験に取り組んでいます。

 現在、農大の実習ほ場では夏野菜の収穫管理に注力していますが、今年は新しい作物としてショウガの栽培に取り組んでいます。植え付けてから発芽まで1か月もかかることが発見でした。

 「うどん県」の薬味としてかかせないショウガですが、雑草抑止と乾燥防止をかねて堆肥マルチを行うなど知らなかった技術も教わりました。ショウガの栽培はこれからもレポートしますので続きをお楽しみに。

(H29就農実践研修 野菜コース 吉原 博)


ビワの収穫

平成29年6月1日
ビワの収穫

 今年度から就農実践研修で始まったカリキュラム「農家体験研修」で、仁尾町の実習受入農家に週1回来ています。

 今日はビワの収穫作業と調整作業をしました。

 ビワは「大薬王樹」ともいわれ、果実や葉の利用価値も高いと知りました。

 瀬戸内の日差しと潮風をしっかりと浴びて、大きく果汁たっぷりに実っています。

 今年初めての研修なので、緊張しましたが、香川のビワのことを丁寧に教えていただき、楽しく研修ができています。

(H29就農実践研修 果樹コース 宮武 久子)


ソラマメの収穫

平成29年5月15日
ソラマメの収穫

 今日は、ソラマメの収穫実習をしました。

 定植したのは昨年の11月、私たちより前の研修生でした。

 ソラマメの収穫は初めてなので、「先生、この莢は収穫できる?」などと先生方を右往左往させてしまいましたが、楽しく実習しています。

 今はまだ知識も経験も無い私たち研修生ですが、自ら育てた野菜を自信をもって収穫すべく、先生方の御指導のもと毎日がんばっています。

(H29就農実践研修 野菜コース 筒井 卓也)


果菜類の畝づくりと定植

平成29年4月21日
果菜類の畝づくりと定植

 平成29年度就農実践研修に、私を含め15名が入学しました。

 今日は、キュウリ、ナス、スイカ、露地メロンの定植を一気に行いました。天気も雨が降りそうだったので、先生方も研修生も総がかりでした。

 畝を作るために、初めて管理機の使い方も教えていただきました。潅水チューブを設置したり、シルバーマルチを張るなど初めての作業ばかりでした。

 自然の中で食物を育てる喜びを感じながら、これからも実習に取り組んでいきます。

(H29実践研修 野菜コース 岡田 尚子)


 


コース紹介へ    トップページへ戻る

▲このページのトップへ