KAGAWA PREFECTURAL AGURICULTURAL COLLEGE
農大 香川県立農業大学校
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ:

学生からのメッセージ
学生自治会長

 木村 雄介さん

 本校では、農業の基礎から専門的な知識を学ぶことができる講義の他、様々な実習を通して先進的な管理技術も習得できます。さらに、大型特殊自動車やフォークリフトなど、将来に活かせる資格や免許の取得も可能です。

 学生自治会主催の行事としては、新入生歓迎のピクニック、四国の農大が集まって親睦を深める農学連スポーツ大会(10月)や自分たちが作った農作物などを販売して地域の人たちと交流を図る農大ふれあい市(11月)などを実施しています。学校生活やイベントを通して、私たちと一緒に充実した学校生活を送りましょう。

野菜園芸コース

 山下 明日香さん

 私は将来、香川県で農業を行い、地産地消の魅力や香川県の特産野菜を多くの人に伝えたいと思い、野菜園芸コースを専攻しました。

 商業高校出身なので、農業の知識や技術を習得できるか不安もありましたが、先生や先輩方が丁寧に教えてくださるので、難しい課題も乗り越えることができています。

花き園芸コース

 蔭山 詞久さん

 高校では、養鶏部門を専攻していましたが、オープンキャンパスに参加した時にヒマワリの長さや葉数を整えて束にするという出荷・調整作業を経験し、花に興味を持ちました。もっと花のことを知りたいという思いで、花き園芸コースを専攻しました。

 高校とは違う分野ですが、新たな知識や技術を習得したいと思っています。

果樹園芸コース

 宮武 萌さん

 高校時代は畜産部門を専攻しましたが、果樹経営への家畜利用の可能性を考え、農業大学校の果樹園芸コースへ進学しました。実習では、先生や先輩たちが優しく丁寧に指導してくださるので、とても分かりやすいです。

 果樹に興味がある人は、私たちと一緒に学びませんか。

造園緑化コース

 橋 功平さん

 私が農業大学校の造園緑化コースに進学した理由は、親の仕事の関係で造園の仕事をみる機会があり、興味を持ったからです。また、たくさんの資格を取得でき、自分の将来の夢である造園関係の仕事に就けるチャンスが広がることも魅力です。

 実習は、剪定や刈込などについて実践的な技術指導があり、とても学びやすい環境です。

畜産コース

 山本 泰三さん

 私は高校で畜産を学び、高校2年の夏休みにさぬき市の酪農農家へ実習に行きました。その経験を活かし、もっと畜産の知識と技術を身に付けたくて農業大学校に進学しました。

 大学校では、これから畜産試験場や農家での実習が始まります。家畜人工授精師やトラクターの免許や資格も取る予定です。家畜生理・解剖などの講義で基礎知識も学び、実力を高めていきます。



卒業生の進路へ    トップページへ戻る

▲このページのトップへ