香川県埋蔵文化財センター

展示のご案内

埋蔵文化財センターが行っている展示のご案内です。


テーマ展 
「讃岐国府跡を探る 10」を開催します。


 

 古代讃岐国の県庁といえる讃岐国府の位置と実態を明らかにするため、香川県埋蔵文化財センターでは平成21年度から平成30年度まで讃岐国府跡探索事業に取り組み、大きな成果をあげることができました。
 今回の展示では、讃岐国府跡の中でも中枢施設と考えられる開法寺(かいほうじ)東方地区の概要を出土遺物と写真などによりご紹介します。
 
合わせて、讃岐国府跡周辺の古代の遺跡についてご紹介します。
 

1 会  期    平成3114日(金曜日)514(火曜日)  9時~17
          休館日  土曜日、日曜日、祝日、休日 (ただし、112日(土)は開館)

2 会  場    香川県埋蔵文化財センター 第2展示室        坂出市府中町南谷5001-4  電話 0877-48-2191

3 観覧料    無料 

4 展示資料 須恵器(すえき)土師器(はじき)三彩(さんさい)陶器(とうき)緑釉(りょくゆう)陶器(とうき)灰釉(かいゆう)陶器(とうき)中国産(ちゅうごくさん)磁器(じき)(のき)丸瓦(まるがわら)(のき)(ひら)(がわら)など約50点及び写真パネル等23 

5 主  催   香川県埋蔵文化財センター


讃岐国府跡を探る10
 
上空から見た讃岐国府跡の大型建物跡

テーマ展「讃岐国府跡を探る 10」ご案内
 

常設展 遺跡・遺物から見た香川の歴史
            

 
展示風景 復元竪穴住居
第1展示室 復元した竪穴建物

県内各地の遺跡から出土した土器や石器などを展示しています。

展示室の中には、弥生時代の銅鐸の復元模型や、備讃瀬戸の遺跡のジオラマなどもあります。

県立ミュージアムから移管され、先日報告書が刊行された高松茶臼山古墳(高松市)の出土遺物吉野ヶ里遺跡(佐賀県)に匹敵する規模を持つ弥生時代の大集落、旧練兵場遺跡の出土遺物なども展示しています。


 会場  香川県埋蔵文化財センター 第1展示室
 観覧料  無料  


平成30年度 埋蔵文化財センターの年間計画はこちら


ホーム