香川県埋蔵文化財センター展示情報
香川県埋蔵文化財センター

展示のご案内

埋蔵文化財センターが行っている展示のご案内です。

テーマ展 「発掘でわかった
暮らしの中の木の道具」
            

 遺跡の発掘調査では、土器や石器に比べて木器が出土する機会は限られています。それは、木器は土の中では腐朽しやすく、水気が多いなど限られた土地条件下の遺跡でしか出土しないからです。恵まれた条件下で出土した木器からは、多種多様な木器が使用されたことがわかります。
 今回の展示では、縄文時代から江戸時代まで、人々がどのように木と関わり、どのような道具を製作・使用したかを紹介します。

1 会期 平成30723()925() 9時から17時まで ※土曜日・日曜日・祝日は休館 

2 会場 香川県埋蔵文化財センター 第2展示室   坂出市府中町南谷5001-4 電話 0877-48-2191 

3 観覧料 無料                      

4 展示するおもな遺跡 
(しろ)(いずみ)遺跡(東かがわ市)、鴨部(かべ)川田(かわた)遺跡(さぬき市)、寺田(てらだ)産宮通(さんのみやどおり)遺跡(さぬき市)、鹿伏(ししぶせ)中所(なかしょ)遺跡(三木町)、東山崎(ひがしやまさき)水田(みずた)遺跡(高松市)、(はやし)坊城(ぼうじろ)遺跡(高松市)、高松(たかまつ)(じょう)跡(高松市)、多肥(たひ)松林(まつばやし)遺跡(高松市)、下川津(しもかわつ)遺跡(坂出市)、金蔵(こんぞう)寺下所(じげしょ)遺跡(善通寺市)

5 おもな展示資料 
諸手(もろて)(ぐわ)、えぶり、(ひら)(ぐわ)(すき)、カラスキ、(たて)(ぎね)高杯(たかつき)、四脚付片口容器、(さじ)馬具(ばぐ)鳥形木製品、人形(ひとがた)木製品、()(ぐし)木簡(もっかん)下駄(げた)人形(にんぎょう)頭部

展示品62点(複製品を含む)、パネル21 

6 主催  香川県埋蔵文化財センター


暮らしの中の木の道具 匙(未成品)出土状況(寺田・産宮通遺跡 さぬき市)
 
 埋蔵文化財センターテーマ展 「発掘でわかった暮らしの中の木の道具」のご案内

 

常設展 遺跡・遺物から見た香川の歴史
            

 
展示風景 復元竪穴住居
第1展示室 復元した竪穴建物

県内各地の遺跡から出土した土器や石器などを展示しています。

展示室の中には、弥生時代の銅鐸の復元模型や、備讃瀬戸の遺跡のジオラマなどもあります。

県立ミュージアムから移管され、先日報告書が刊行された高松茶臼山古墳(高松市)の出土遺物吉野ヶ里遺跡(佐賀県)に匹敵する規模を持つ弥生時代の大集落、旧練兵場遺跡の出土遺物なども展示しています。


 会場  香川県埋蔵文化財センター 第1展示室
 観覧料  無料  


平成30年度 埋蔵文化財センターの年間計画はこちら


ホーム