香川県埋蔵文化財センター

センターだより2017年

 

平成29年度第4回考古学講座「出土木製品の世界」が行われました。
 


 平成30 年1月13日(土曜日)に第4回考古学講座が行われました。この講座は29年度最後の講座で、遺跡から出土した木製品をテーマにしたものです。講師の埋蔵文化財センター職員が当センターに保管している木製品の複製品を使い、遺跡から出土した木製品の種類や作り方について丁寧に説明しました。
 現代とは違い道具を作る材料も少ない弥生時代・古墳時代の頃は道具を作るにもたいへんでしたが、数々の精巧な木製品が作られていたことがわかり、参加者もいにしえの人々の技に感心していました。(1月15日)
講座風景 複製品の見学
講座風景 複製品の見学
 

子どもミュージアム体験講座「古代をたいけんしてみよう」 円筒はにわのペン立てを作ろう


 
7月21日と7月25日に体験講座で円筒はにわの形をしたペン立てを作りました。参加者は30名です。見本となる円筒はにわを見ながら挑戦しました。各人各種の形ができあがり、満足の様子でした。1か月かけて乾燥させ、電気窯で焼き上げ、完成させました。夏休みの思い出の作品になり、大喜びでした。(8月25日)
体験の様子  体験風景  円筒はにわ形のペン立て 
粘土ひもを積み上げて、形をつくりました。
立派な作品ができました。
 


        センターだより2016年≪ |  ≫ センターだより2018年(4月・5月)