乾漆 聖観音坐像(複製) 乾漆 聖観音坐像 複製
(天平時代)

漆を用いてつくる乾漆像の中でも、内部を空洞にして木組みを入れたものを「脱活乾漆」という。この像の原資料は長尾町の願興寺の像である。「脱活乾漆」像は天平時代に多くつくられたが、遺例は極めて少なく、願興寺像は近畿圏内をのぞいて西日本唯一のものとなっている。