白峰寺十三重塔 東塔(復原) 白峰寺十三重塔 東塔 復原
(弘安元年(1278)銘)

白峯寺は、崇徳上皇の陵墓のある寺として、古くから人々の崇敬を集めてきた。 重要文化財に指定されている十三重塔には東塔と西塔の二基がある。ここに展示した東塔には弘安元年(1278)の銘があり、鎌倉時代の後期に建立されたものである。