昭和初期の教室(復原) 昭和初期の教室

この教室は壷井栄(内海町出身)の小説『二十四の瞳』の舞台になった小豆島田浦分教場をモデルにしている。田浦分教場は、明治35年(1902)、田浦尋常小学校として建築され、廃校になる昭和46年(1971)まで使用されていた。現在県内に残る、数少ない明治の学校建築のひとつ。