特別展の詳しい情報

展示アーカイブ(常設展)

 超絶‼江戸の生き物図鑑

 
 この展覧会は特別展「かがわ生命(いのち)のミュージアム」の連携企画です。 高松松平家に伝来した江戸時代の美しい博物図譜(香川県指定有形文化財/高松松平家歴史資料)のうち、鳥類を集めた『衆禽画譜(しゅうきんがふ)』と、魚類など水生生物を集めた『衆鱗図(しゅうりんず)』を公開し、驚くほど写実的に描かれたさまざまな鳥や魚などの姿を紹介します。
 これらの図譜は、江戸時代に数多く作られた博物図譜の中でも収録図の豊富さ、描写の精緻さなどの点が高く評価されていますが、とりわけ注目を集めているのが図の切り抜きや立体的な表面仕上げなど、独特の表現技法が駆使されていることです。本展ではこうした博物図譜に用いられた超絶技巧に注目するとともに、博物図譜を作らせた高松藩5代藩主松平頼恭(よりたか)についても紹介します。  
会期 平成29年7月22日(土)~9月3日(日)
会場 常設展示室1
展示点数 10点
配布資料 常設展示解説シート №87(ホームページ未公開)