特別展の詳しい情報

生命の源流 葛 西 崇 遺作展 の開催について

 
1 会  期  平成31年3月5日(火)~3月17日(日)

開館時間:9:00~18:00
休 館 日:月曜日

2 会  場  綾川町立生涯学習センター(綾川町滝宮) 研修室

3 展示内容  
 洋画家・葛西崇氏(1945~2018年)は、北海道函館市に生まれ、1974年に四国学院大 学に赴任、後に香川大学に移り、教鞭を取りながら制作活動に邁進されました。綾川町の自宅アトリエからは、多くの作品が生み出されました。また、香川県美術展覧会(県展)では、1989年以降、審査員や実行委員を歴任しながら、多くの作品を出品するなど県展発展に尽力されましたが、2018年、ご逝去されました。
 今回、葛西氏の画業を回顧する遺作展として、制作拠点であった綾川町にて、展覧会を開催いたします。制作初期の曲面や立体を用いた幾何学的な抽象作品から、仏像をモチーフにした瞑想的な具象作品まで、無限の空間と時間、それに対する人間存在、生命の本質を追求し表現した葛西氏の作品と人物について、制作を支えた地域の皆さまに知っていただく機会といたします。

4 展示点数  約15点

5 観 覧 料  無料


6 主な出品作品
 
「永劫の思惟…万世如意13757」1982年 227.3×181.8c