特別展の詳しい情報

高松張子づくり

 讃岐の伝統工芸、張子人形。古くから、子どもの玩具、厄除け、縁起物等として、広く親しまれてきました。
 このワークショップでは、2日間をかけて、原型作りから絵付けまで、全ての工程を体験します。今回は、戌年に福を招く縁起物として、犬と鯛の置物「狆鯛(ちんたい)」を作ります。ご希望の方は、「奉公さん」作りを選ぶこともできます。自分だけの張子人形をつくってみませんか。
高松張子人形の奉公さん
高松張子 狆鯛
日時 平成30年217日() ・18日()13:30~16:00
※両日参加可能な方
講師 当館職員・ボランティア
場所 香川県立ミュージアム 工作室ほか
参加料 500円(材料費)
定員 一般(中学生以上)20名(応募者多数の場合は抽選となります。)
応募期間 平成30年1月11日(木)~1月27日(土) ※当日消印有効
抽選結果の発信・投函は締め切り日から1週間ほどで行う予定です。
申込方法 往復はがき(1枚につき2名まで)
1.参加する人の氏名(ふりがな)  2.郵便番号、住所  3.電話番号 4.ワークショップ名 を
明記して、ご応募ください。※2名でお申し込みの場合は、それぞれ1~4を記入してください。
かがわ電子自治体システム
*「かがわ電子自治体システム」を利用したインターネットからの申し込みは、香川県ホームページの
  「■お役立ち情報 かがわ電子自治体システム」をクリックしてください。

※受付の開始は平成28年1月11日(木)から。
お申し込み・
お問合せ先
香川県立ミュージアム学芸課 
〒760‐0030  高松市玉藻町5番5号 
TEL 087‐822‐0247   FAX 087‐822‐0049