特別展の詳しい情報

ミュージアム・SUPERプレゼンテーション2018 ミュージアムからの最新現場レポート

今年度最後の講座は学芸員3名が総力をあげて、ミュージアムの「旬のネタ」をお届 けします。
ふだんは無口な3人が、胸中の熱い思いを語り尽くします。 ジャンルはさまざまですが、ミュージアムをより理解していただきたい、楽しんでいた だきたい、という思いは同じ。ミュージアムは、これからも皆さんとつながり続けます。

日時 平成30年325) 13:30~15:00(13:00開場)
会場 香川県立ミュージアム 研修室(地下1階)
講師 木内英博(瀬戸内海歴史民俗資料館 専門職員)
橋本武生(香川県立ミュージアム 主任専門学芸員)
織野智子(香川県立ミュージアム 主任専門職員)
参加料 無料
定員 70名(申し込み順)
応募方法 ・電話、ファックス、はがき、「かがわ電子自治体システム」で下記へお申し込みくだ
 さい。 はがき、ファックスでお申込みの場合は、講座名、氏名、住所、電話番号を
 明記してください。
※かがわ電子自治体システムの申し込みは2月14日午後からになります。
*「かがわ電子自治体システム」を利用したインターネットからの申し込みは、こちらを
 クリックしてください。
 
備考  当館では、どなたにも利用しやすい施設運営を心がけており、身体に障害のある方やご高齢の方などに安心してご利用いただけるよう、車イスの貸出しなどを行っています(詳しい設備や対応については当館ホームページの「バリアフリー情報」をご覧ください)。 なお、当館が行う各種イベントへの参加に当たって、何らかのお手伝いを必要とされる場合には、お申込みの際にその旨をお知らせください。
お問合せ先 〒760‐0030  高松市玉藻町5番5号 香川県立ミュージアム 学芸課
TEL 087‐822‐0247   FAX 087‐822‐0049

プログラム

①木内英博 「わたしと歴民 ~地域文化や施設環境と向き合う~」
歴民を二局面から紹介。文化財レスキューの活動経験から、地域文化の継承者として、今後の課題や取組みについて提言。さらに人工股関節を装着した労働者として、歴民を例に、「見えない障害」者の働き方や障害の有無に左右されない労働環境のあり方を考える。


②橋本武生 「わたしと瀬戸芸と子どもたちと中学校美術
2010年、2013年、2016年と瀬戸内国際芸術祭に美術部を率いて参加。瀬戸芸との関わりのなかで美術部の子どもたちの表情は豊かになり活動範囲は拡大した。美術を楽しむこととは?そして、必要なものとは?

③織野智子 「わたしと伊勢御師 -御祓大麻から足跡をたどる-」
伊勢御師の必須アイテム、御祓大麻。御祓大麻は、伊勢御師の活動を雄弁にもの語る。今回は三豊市粟島を訪れた南倉大夫(みなみくらたゆう)をクローズアップ。