特別展の詳しい情報

学芸講座「マルセル・デュシャンって誰だ?」

 マルセル・デュシャンを知っていますか?20世紀の美術を代表する芸術家です。既製品にサインをして作品にしてしまったり、何年も作り続けた作品を未完のままにしてしまったり、作品を作るのをやめてチェスばかりしていたり、デュシャンを巡るエピソードはつきません。現在に至るまでその影響は大きく、現代の美術は「デュシャン以降の時代」にあると言っても過言ではないでしょう。
 本講座では、当館で所蔵している版画作品《大ガラス〈彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも〉と関連作品》をご紹介しながら、そんなデュシャンの世界にご招待します。デュシャンのことが、少しだけわかるかもしれないし、もしかすると、わからなくなるかもしれません。
 デュシャンはこう言っています。「解答はない、なぜなら問題がないのだから」
日時 平成29年 924) 13:30~15:00(13:00開場)
会場香川県立ミュージアム 研修室(地下1階)
講師 瀧上 華(当館学芸員)
参加料 無料
定員 70名(申し込み順)
応募方法 ・電話、ファックス、はがき、「かがわ電子自治体システム」で下記へお申し込みくだ
 さい。 はがき、ファックスでお申込みの場合は、講座名、氏名、住所、電話番号を
 明記してください。
*「かがわ電子自治体システム」を利用したインターネットからの申し込みは、こちらを
 クリックしてください。
お問合せ先 〒760‐0030  高松市玉藻町5番5号 香川県立ミュージアム 学芸課
TEL 087‐822‐0247   FAX 087‐822‐0049