特別展の詳しい情報

伝統を未来につなぐために

 長い間受け継がれてきた伝統と、時代を切り開く革新。
日本伝統工芸展でご覧いただける工芸作品にはこの二つの要素が共存していますが、「伝統は絶えず、進化し続ける」とも言われるように今起こす革新が未来の伝統になるのかもしれません。 伝統工芸をファッションやデザイン、アートとつなぐ活動から「ものづくりの未来が生まれます」という生駒さんに、この活動で出会う人、もの、ことについてお話しいただきます。
講師 生駒芳子氏
講師 生駒芳子氏
日時 平成30 年114 ) 13:30~15:00(13:00開場)
 ※約1時間の講演後、展覧会場にて作品紹介を行います(要観覧券)
会場香川県立ミュージアム 講堂(地下1階)、特別展示室(2階)
講師 生駒 芳子 氏 (伝統工芸プロジェクト「WAO」「HIRUME」プロデューサー)    VOGUE、ELLEの副編集長を経て2004年からマリ・クレール日本版の編集長に就任。2008年に独立。現在は、カラフルな南部鉄瓶や漆のジュエリーを紹介する伝統工芸プロジェクト「WAO」や、伝統工芸ベースでオリジナル開発するジュエリーブランド「HIRUME」のプロデュースを行うほか、文化庁日本遺産プロデューサー、クール・ジャパン審議会委員等を務め、ファッション、アート、ライフスタイルを軸に講演や執筆など多方面で活躍する。  
参加料 無料
定員 230名(申し込み順)
応募方法 電話、ファックス、はがき「かがわ電子自治体システム」で下記へお申し込みください。 ファックス、はがきでお申込の場合は、講演会名、氏名、電話番号を明記してください。
*「かがわ電子自治体システム」を利用したインターネットからの申し込みはこちら。

備考 当館では、どなたにも利用しやすい施設運営を心がけており、身体に障害のある方やご高齢の方などに安心してご利用いただけるよう、車イスの貸出しなどを行っています(詳しい設備や対応については当館ホームページの「バリアフリー情報」をご覧ください)。 なお、当館が行う各種イベントへの参加に当たって、何らかのお手伝いを必要とされる場合には、お申込みの際にその旨をお知らせください。
お問合せ先 〒760‐0030  高松市玉藻町5番5号 香川県立ミュージアム 学芸課
TEL 087‐822‐0247   FAX 087‐822‐0049