アートのせんせい派遣事業
 
 香川県教育委員会では、アートを通じて幼児の感性や創造力を育むとともに
先生方の資質を一層高めていただくため
県内(高松市を除く)12か所の幼稚園、認定こども園、保育所に
芸術の分野において指導経験豊富なアートのせんせいを派遣しています。
各園・所での活動の様子の一部を紹介します。



子どもたちへ                                                         
                                   
      絵に描く題材には、子どもたちの身近にあって、興味がわくものを選びます。
    
     描く前に、題材となるものを触ったり、においを嗅いだり、いろいろな方向から眺めたりして、よく観察します。

     すると、子どもたちの「描きたい!」という気持ちがどんどん高まってきます。
 
                
    
   あじさいの花は、もこもこしているね。        アートのせんせいが葉っぱの描き方      あじさいの花は、プチプチ(梱包材)を
  (さわった)手が、あじさいのにおいだ!       を教えてくれます                  丸く切り、スタンプにして表現します

  
                       

               

   色のお勉強。赤・黄・青をそれぞれ         園庭で見つけたお気に入りの葉っぱ。        友だちの絵を見て、「わぁー!」と
    混ぜたら、何色になるのかな?          自分だけの緑色をつくって描きます         みんなで驚いたり、喜んだり・・・
 
             
    
先生方へ                                                 
   
     子どもへの言葉のかけ方や子どもの年齢に応じた指導方法、絵の具や筆の扱い方など、
   
     園・所の先生方が日頃抱いている悩みや疑問に、アートのせんせいがアドバイスやヒントを与えてくれます。 

     また派遣期間中、園・所の先生方を対象に、実習を中心とした研修会を実施します。

    
                

  子どもたちが描いた絵を見ながら、             先生方の研修会では、竹をつかった筆の作り方や絵の具の混ぜ方、 
    言葉のかけ方をアドバイスします              色の塗り方など、実習を通じてさまざまなことを学びます


                        
    実習中、先生方一人ひとりにアドバイスします                 先生方同士の学び合いも生まれます