使い方
  1. TOP
  2. 教育施策
  3. 家庭や地域の教育の向上:かがわの家庭教育

生涯学習課・文化財

家庭や地域の教育の向上

かがわの家庭教育

1.家庭教育とは
家庭教育は、子どもたちの健やかな育ちの基盤であり、すべての教育の出発点です。家族との愛情に満ちたふれあいを通して、子どもが基本的な生活習慣・生活能力、人に対する信頼感、豊かな情操、他人に対する思いやりや善悪の判断など基本的倫理観、自制心や自立心などを身につけるうえで、重要な役割を担っています。
2.現状と課題
近年、地域とのつながりの希薄化や親が身近な人から子育てを学び助け合う機会の減少など、子育てや家庭教育を支える環境が大きく変化しています。また、価値観の多様化や子育て情報の氾濫等により、子育てに不安や悩みを持つ親が増えており、家族だけで家庭教育を行うことが困難になっています。このため、家庭教育を社会全体で支援し、家庭の教育力の向上を図るための取り組みが求められています。
3.具体的な取り組み
すべての家庭において、子どもを温かく育み豊かな家庭教育が行われるよう、人とのふれあいを大切にし、学びや気づきを通して、社会全体で支えあう環境づくりを支援します。
かがわの家庭教育-ふれあい・学び・支えあい-
ふれあい 家庭教育啓発月間(7・8月)、さぬきっ子あいさつ運動(9月)
学び 親同士の学びを取り入れたワークショップ、「さぬきっ子安全安心ネット指導員」による学習会当課職員による家庭教育啓発訪問、「今こそ家庭教育」をはじめとする広報啓発資料等
支えあい 家庭教育推進専門員養成講座、さぬきっ子安全安心ネット指導員養成講座、おやじの会支援隊、するするドットネット(香川県生涯学習情報システム)等

詳しくはこちら