使い方
  1. TOP
  2. 義務教育課
  3. 平成28年度香川の教育づくり発表会
  4. 会場の様子

義務教育課

平成28年度 香川の教育づくり発表会 会場の様子

ポスターセッション

香川県内の小学校、中学校、幼稚園・こども園、特別支援学校の教員、教育委員会職員、保護者等の参加を合わせ、1,231名の参加がありました。

会場写真 会場写真
会場写真 会場写真

参加者アンケートから

アンケート結果

参加者からの御意見

他校種の方からの意見を抜粋しています。

○ 道徳の教科化に向けて、中学校ではどのように道徳教育を進めているのかがよく分かり参考になりました。特にローテーション道徳や道徳の日の取組は効果的だと思いました。生徒がより主体的に学べ、様々な先生と関わることで、そこから生き方も知ることができます。発表を参考にして、小学校教育では何ができるかを考えていきたいと思います。(小学校教員→中学校発表校)

○ 学習内容の明確化という点で、小学校の体育科と似通った課題(テーマ)を感じました。障害の度合いや種別等、個々で違う児童生徒に対して、しっかりと実態把握(見取り)を行っていることに感心させられました。また、今回発表された生活単元学習の取組についても、PDCAサイクルが確立されていると感じました。(小学校教員→特別支援学校発表校)

○ 授業の中で、児童生徒がお互いに教えたり教わったりすることはとても有効で、より活発に学習に取り組めると思います。習熟度別はグループ分けや教材の選定などに手間がかかったと思いますが、成果が表れてくると達成感があったことでしょう。中学校でも、学習の意欲化、個別化など参考になることが多くあります。是非取り組んでみたいと思っています。(中学校教員→小学校発表校)

○ 活動を通して子どものどのような育ちを期待しているのかをより具体的にイメージし、そのために保育者がどのような視点をもってどのように関わるのかが明確にされていることにより、子どもたちの確かな育ち、またその気付きにつながっていると感じました。園舎、庭を生かした工夫ある活動に、先生方のアイディア、パワーを感じました。(中学校教員→幼稚園発表校)