1. トップページ
  2. 平成20年度

平成20年度

調査の目的
香川型指導体制による基礎的・基本的な内容の定着状況を客観的に把握することと、今後の指導方法の工夫・改善を図ることを目的として実施した。
調査の時期
平成20年4月7日(月)〜5月9日(金)の期間中、各学校の都合のよい日
調査の対象
県内の全ての公立小学校(188 校)、公立中学校(76校)
小学校第4学年から中学校第3学年までのすべての児童生徒
集計・分析
集計・分析対象校 小学校98 校、中学校42 校
※ 全国学力・学習状況調査と重複する「小学校6年生国語、算数」「中学校3年生数学」は、学校の希望実施とした。希望実施校は、集計・分析対象校のうち、小学校83 校、中学校35 校。
調査の内容
  1. (1)学習状況調査
    • 小学校第4学年〜中学校第1学年国語、算数、理科
    • 中学校第2学年〜中学校第3学年数学、理科、英語
    • ※ 出題範囲は平成19年度の学習内容
  2. (2)児童生徒の学校や学習・勉強に関する意識調査

調査結果