平成23年度 学力向上モデル校事業

学力向上対策モデル校事業とは

 小学校では平成23年度から、中学校では平成24年度から、新しい学習指導要領が全面実施されます。その学習指導要領 第1章 総則 第1教育課程編成の一般方針には、児童生徒の「生きる力」をはぐぐむために、確かな学力の育成と個性を生かす教育の充実が述べられており、その際、「児童(生徒)の発達の段階を考慮して、児童(生徒)の言語活動を充実するとともに、家庭との連携を図りながら、児童(生徒)の学習習慣が確立するように配慮しなければならない。」と書かれています。
 香川県教育委員会では、この学習指導要領の趣旨を実現するために、「言語活動の充実」「学習習慣の確立」「小中連携の推進」「学力の定着」に重点的に取り組むこととしました。

平成23年度の成果
  • 言語活動の充実促進モデル校
  • 学習習慣形成モデル校
  • 小・中連携推進モデル校
  • 学校定着モデル校
  • 平成22年度の取組
  • 平成21年度までの取組 ステップアップスクール