使い方
  1. TOP
  2. 義務教育課
  3. 教育の資質向上、子どもと向き合う環境づくり:教育実践優秀表彰制度
  4. 平成21年度教育実践優秀教員の概要等

義務教育課

教育の資質向上、子どもと向き合う環境づくり

教育実践優秀表彰制度

※「実践のテーマ」をクリックすると、実践レポートがご覧いただけます。

平成21年度教育実践優秀教員の概要等
学校名 職名 氏名 実践のテーマ 実践の概要等
高松市立
築地小学校
教諭 仲西長代 できた!わかった!伝わった!喜びを実感できる算数の授業をめざして
〔PDF:652.4KB〕

算数の授業において、児童に数学的な思考力・判断力・表現力を育成するために、集団思考における考える道筋を意識した学習、式に表すことと式を読むことをつなぐための算数的活動を取り入れた学習、学習したことを言葉や図を使って自分の考えを表現し、学びを友だちと伝え合う活動を取り入れた学習に、担任した子どもたちといっしょに取り組んできた教育実践である。

高松市立
牟礼小学校
教諭 陶山美鈴 言語能力を伸ばし、表現することを楽しむ子を育てる指導について
〔PDF:1.3MB〕

児童の言語能力を伸ばし、表現を楽しむようにさせるために、低学年からの指導に計画的に取り組み、国語の授業だけでなく、授業前や業間の休み時間、朝や帰りの会等のわずかな時間を活用し、本やことわざ・詩・熟語等に触れることができる活動を仕組むなど、日常の様々な機会を積極的に活用して言語活動に取り組んできた教育実践である。

三豊市立
下高瀬
小学校
教諭 萬亀弘吉 ものや人に感謝する思いを高める総合的な学習の時間のあり方について
省エネ学習「人や環境にやさしさを広げよう」の実践を通して

〔PDF:207.4KB〕

担任した学級の児童の「地球温暖化の原因は、自分たちの生活の中にある」という気づきから、総合的な学習の時間で、子どもたちが「もったいないおばけバスターズ」として、グループごとに実験や調査を行い、省エネのコツを見つけながらエネルギーの無駄遣いをなくす活動を展開し、それらを家庭や地域、全国に向けて発信するなど、環境への意識を高める学習に取り組んできた教育実践である。

東かがわ
市立
大川中学校
教諭 橋本康男 活動意欲を助長し、自主的に取り組む姿勢を育成する部活動指導の在り方
剣道部における県大会・四国大会の優勝を通して

〔PDF:787.7KB〕

剣道部の顧問として、興味・関心、体力、技能等が違う生徒一人一人の自己実現のために、部活日記を活用して目標設定から自己評価の習慣化を図らせたり、部活動で実践すべき態度や剣道の技術に関する理想とする姿等を常にイメージ化させるなどの支援に努め、保護者や地域の期待に応える部活動指導に取り組んできた教育実践である。

坂出市立
東部中学校
教諭 谷本里都子 協働意識と参画意識を高め、学校を活性化させる校内研修
〔PDF:1.3MB〕

現職教育主任として、授業研究を中心とした校内研修の充実を目指し、「異教科から学ぶ」、「生徒から学ぶ」をキャッチフレーズに掲げ、フリーカード法の活用や抽出生徒の反応の見取り分担など研究協議の運営を工夫したり、ワークショップ型のトピック研修を取り入れたりするなど、主体的に校内研修に取り組む教師集団の形成に寄与した教育実践である。

香川県立
高松
高等学校
教諭 藤枝秀樹 生徒の知的好奇心を喚起し、科学的探究能力を育てる生物学の授業実践について
〔PDF:1.3MB〕

生物学の授業を通して、生徒に将来的に社会人として活躍できる科学的リテラシーを身につけてもらいたいという願いを込め、生物や生命現象のおもしろさを実感できる教材や実験を授業に取り入れて生徒の知的好奇心を喚起させたり、大学や外部研究機関の指導者と連携・協力し、生徒の能動的な思考を促すための指導法を開発するなど、使命感を持って授業改善に取り組んできた教育実践である。