体においしい簡単レシピ

トップページ › 体においしい簡単レシピ › うどん・麺類

うどん・麺類

わかめうどん

・うどんだけじゃない?!おでんや野菜料理をプラスするとバランスよくなります。
・うどんの汁は残しましょう。汁を残すと塩分は1~2gカットすることができます。
・おでんの具にちくわやさつまあげなどの練り物は定番ですが、練り物に偏らず、卵やロールキャベツを取り入れると塩分を控えることができます。
・白和えは野菜の切り方を揃えると、仕上がりがきれいになります。

肉うどん

・うどんに野菜の和え物やかき揚げをプラスするとバランスがよくなり、炭水化物に偏らない食事になります。
・うどんのお汁は極力残しましょう。そうすると塩分1~2gカットすることができます。

あけぼの豚しゃぶうどん

・よく噛まずに食べてしまいがちなうどんに、たくさんの具材を添えることで早食い防止に。
・卵焼きは少ない卵でも麩の粉末や、野菜をたっぷり入れることで、ヘルシーに仕上がります。
・もずくと長いもを混ぜた三杯酢や、旬のにんにくの香りをきかせたもやしの和え物は、いつもと違う味付けでエネルギーを抑えた一品です。

カレーうどん

・カレーうどんの肉をむきえびにする事により、ヘルシーに仕上がります。
・具材にしいたけ、えのき、エリンギなど好みのきのこ類を加えると、食物繊維たっぷりの一品にアレンジできます。

親子うどん

・親子丼ならぬ親子うどん。うどんにからむ鶏肉とふんわり卵をお楽しみください。
・うどんの汁は全て飲むと塩分の摂りすぎになりますので注意しましょう。
・杏仁豆腐のシロップとして、缶詰のシロップも使用しますので、捨てずに残しておきます。

彩りそうめん

・麺類は具だくさんにすることがポイントです。野菜をたっぷり添え、バランスよく仕上げました。
・豚肉はビタミンB1が豊富で夏バテ防止になります。また、茹でることで脂を落とす事ができてヘルシーです。

長崎チャンポン風うどん

・野菜不足になりがちなうどんをチャンポン風にして、野菜をたくさん食べられるようにしました。
・きのこのチーズサラダは電子レンジで簡単に調理できます。
・麺類やパンの時にも主菜や副菜のおかずを添えて、バランスよく食事をしましょう。

しっぽくうどん

・うどんは、具たくさんのしっぽくうどんにするとバランスよくなります。
・おでんやお浸しを添えると満腹感も得られます。
・どんの汁を残したり、おでんには味噌ではなくからしを添えると塩分を控えることができます。