体においしい簡単レシピ

トップページ › 体においしい簡単レシピ › 肉料理

肉料理

豚肉のみそ炒め・大根おろし添え

豚肉以外の肉に変えてもいいですし、サバなどの魚の味噌煮に大根おろしを添えてもいいでしょう。大根おろしに水菜を3センチくらいに切って混ぜてもいいですよ。小松菜は今が旬、カルシウムや鉄分も多いのでしっかり摂りましょう。

八宝菜

・八宝菜は野菜がたっぷり食べられる献立です。
・中華料理は油脂が気になりますが、脂身の少ないもも肉を使ったり、テフロン加工のフライパンで炒めたりすると、油脂を控えることができます。

親子煮

・親子煮はどんぶりにせず、ご飯と分けると味付けも薄くでき、ご飯の食べ過ぎも防げます。親子煮の具材に、野菜やキノコをたっぷりいれてみましょう。
・ごぼうとこんにゃくの炒り煮は食物繊維が多く、よく噛むことで満腹感が得られます。

野菜ときのこの豚肉巻き

・肉巻きは豚バラを使うと柔らかく食べられます。お野菜はお好みでどうぞ。
・エリンギやなめこなどのキノコ類には食物繊維が多く含まれ、食後高血糖を防ぐ効果があるといわれています。
・きゅうりの浅漬けでは香りの強いごま油を利用することで減塩が期待できます。

鶏肉となすのみぞれ煮

・鶏肉となすのみぞれ煮は鶏もも肉をささみに変えるとさらにエネルギーダウンします。白身魚やアナゴに変えてもいいでしょう。
・エビチリソースは揚げてないため、意外とエネルギーを抑えられています。
・モロヘイヤは鉄分が豊富で、たんぱく質の卵と合わせることで吸収率がアップします。

なすのはさみ焼

・今が旬のなすを使った料理ですが、ミンチだけでなくひじきを加えたので、夏バテしないよう鉄分が補えます。
・また、キャベツの煮びたしもレタスでもいいし、洋風に鶏スープの素を使ってもおいしいですよ。

鶏むね肉のからあげ

・からあげは鶏むね肉にし、さらに皮を取り除くことにより、エネルギーを下げることができます。
・五色和えは、見た目も栄養バランスも良い一品です。

ポークチャップ

・ポークチャップの豚肉はうまみを閉じ込めるため、最初は強火で焼き、両面に焼き色がついたら火を弱め、蓋をして中心まで火を通します。
・酢の物は酢の酸味が食欲をそそります。

のしどり

・のしどりは松風焼きとも呼ばれ、縁起の良い食べ物といわれています。
・ささみのミンチを使用することで、エネルギー量が抑えられます。
・ナムルは隠し味として砂糖とからしを加えるのがポイントです。
・炒り煮は大根の代わりに、ごぼうやれんこんなど噛みごたえのある根菜類に変更し美味しく召し上がれます。

豚肉の梅風味焼き

・豚肉を梅風味の下味をつけて焼きました。豚肉を魚に変更しても、美味しくいただけます。
・お浸しに生姜を加えることで、味にアクセントをつけました。
・なめこ汁は、旬のきのこで食物繊維がたくさん摂れます。

ささみときのこのホイル焼

・魚でよくされるホイル焼き料理ですが、レンジが汚れず、オーブントースターがあればすぐできます。
・今回は安価でタンパク質の多いささみと使ってみました。ささみがさっぱりしているため、バターや生クリームをのせるとおいしくなります。

和風れんこんハンバーグ

・れんこんをハンバーグに入れるともちもちとした味わいを楽しめます。つなぎのパン粉も少な目でOKです。
・旬のカキで実だくさんのスープを作りましょう。旨味が強く、塩分を控えても美味しくいただけます。
・ビタミンやミネラルの豊富なかぶの葉は混ぜご飯に利用しましょう。

鶏肉バジル焼き

・鶏肉は脂肪の多い皮を除いて、バジル焼きにしました。オーブンで焼くことで、余分な脂もカットできます。温かいスープやサラダを添えて、クリスマスメニューにいかがでしょうか。

肉じゃが

・家庭料理で定番の肉じゃが!脂肪の少ない牛もも肉を使い、材料は油で炒めず煮ることで、カロリ-、脂肪を減らすことができます。
・サラダのドレッシングは市販のものではなく、オリ-ブ油を使って手軽に作りましょう。ゆっくりよく噛んで、味わっていただきましょう。