体においしい簡単レシピ

トップページ › 体においしい簡単レシピ › 魚料理

魚料理

さわらの香味ソースかけ

今が旬のさわら。ちょっと手を加えると料亭風になりました。けんちゃんと言えばまんばが定番ですが、こまつなもまた違ったおいしさです。切干大根は、食物繊維たっぷりの一品です。

きんめだいの雪花蒸し

・きんめだいを大根おろしでかぶら蒸し風に仕上げました。雪の花が咲いたお料理です。
・ほろ苦い菜の花は、春の訪れを感じさせてくれる1品です。しょうゆは少なめですがからしの風味でおいしくお召し上がりいただけます。

鰆のレンジ蒸し

魚の酒蒸しを電子レンジで作ってみましょう。ラップをかけるときに両端を少し開けておくと蒸気の逃げ道ができます。ピーナッツ和えはピーナッツバターを使って手軽に。
アサリのみそ汁に豆乳を加えるとまろやかな味わいになります。煮立てないことがポイントです。

鰆の柚子こしょう焼き

季節の鰆を柚子こしょうの香りを効かせて焼きました。
なすは、相性のよいオリーブ油・マスタードとにんにくで塩分を少な目に仕上げています。
具だくさんの味噌汁は野菜がたっぷり摂れる一品です。具を多くすることで汁が少なくなるので、塩分も控えられます。

鰆の揚げ煮

・淡白な味の鰆にたれがよくからみ、蒸し暑い日でもご飯がすすむ1品です。
・でんぷんの消化酵素を含む長芋とネバネバパワーのオクラ、そしてビタミンB群を含む豚肉の組み合わせは疲労回復の働きもあり、食欲の落ちる時期にピッタリです。

サラダ風鰹のたたき

かつおは良質のたんぱく質、ビタミン、鉄分が豊富で低カロリ-な食材です。もちもちしたかつおとシャキシャキの野菜で食感の違いを楽しみましょう。煮びたしには、クセがなく、美味しい香川産の「食べて菜」がおすすめです!

白身魚のトマト煮

・このレシピでは、主食をロールパン2個にしました。塩分の気になる方には、ご飯にも合うメニューになっています(ロールパン1個に塩分約0.6gが入っています。)。
・白身魚のトマト煮は手軽なホールトマト(缶詰)を使っていますが、旬のトマトを使用してもおいしくいただけます。

穴子の柳川もどき

・旬の穴子で柳川風に。ごぼうと三つ葉の香りが食欲をそそります。
・椀種のささみは片栗粉をまぶすとのどごしがよくなります。
・白米に押し麦を加えることで、手軽に食物繊維を摂ることができ、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

いわしロールフライ

・いわしロールフライはカレー粉を使用することで、食欲をそそり、魚独特の生臭さも軽減できます。
・華風和えの酢の量はお好みで加減してもいいですし、また酢を使用しないでしょうゆ味でも美味しく召し上がれます。また、乾燥わかめでも、代用できます。

焼きさんまのピリ辛野菜がけ

秋魚の代表、さんまと不足しがちな野菜をたっぷりと組み込んだ献立です。
南瓜やミニトマトは、緑黄野菜として使いやすい食材です。焼き魚と一緒に焼き茄子を作り、南瓜とグリーンアスパラガスを電子レンジにかければ短時間で調理できます。

鮭の甘酢あんかけ

鮭と5種類の野菜を組み合わせ、食べやすく彩りよく仕上げました。
ごま和えは手早く簡単に野菜を摂ることができる一品です。
もち麦ごはんはプチプチした食感で噛みごたえがあり、食物繊維の働きで食後の血糖値上昇を抑える効果が期待できます。

焼き魚おろしかけ

・焼き魚にゆず風味の大根おろしをかけることで、塩分を抑えながら美味しく頂けるようになっています。なめ茸を加えるのもポイントです。
・旬の春菊をごま和えにしてみました。
・献立に季節の野菜を取り入れ、季節の味を楽しみましょう。

ゲタのから揚げ

・ゲタ(したびらめ)は冬が旬のお魚です。身は淡白ですが煮魚でもムニエルにしてもおいしくいただけます。
・から揚げ粉はその種類や使用量によって塩分量が増減します。成分表示を確認しましょう。
・香り和えではしょうゆに砂糖、ゴマ油を合わせることで香ばしくなり、塩分を抑えることができます。いろいろな野菜に合うのでお好みでどうぞ♪

とろろ蒸し

・赤魚は煮付けよりあんかけにすることで、塩分控えめでも美味しくいただくことができます。
・普段は煮物にすることの多いひじきも、サラダにするとお子様にも喜ばれ、家族みんなで食べられる1品になります。
・そらまめは「新豆」と呼ばれ、旬は5月ですが2月頃から店頭に並び始めます。春の訪れを感じる1品です。