香川県の取組み

トップページ › 香川県の取組み

糖尿病対策検討会

糖尿病対策検討会

平成21年度から糖尿病専門医をはじめとした糖尿病対策検討会を設置し、地域の医療機関等の協力を得て実施した糖尿病に関する実態調査の分析を行いました。
平成24年度から、これまでの委員に地域、医療、学校等幅広い分野の専門家を委員として加え、糖尿病の発症予防と重症化防止策を検討しています。

小児生活習慣病予防健診

小児生活習慣病予防健診

糖尿病をはじめとする生活習慣病を予防するには、子どもの頃からの適切な生活習慣を身につけることが大切です。
香川県では、平成24年度から市町が実施する小児生活習慣病予防健診の結果をもとに子どもの実態を把握し、改善策を検討しています。

糖尿病予防対策モデル事業

研修

小児生活習慣病予防健診の結果を活用して、家庭や学校、地域ぐるみで生活習慣の改善に取組むために、「糖尿病予防対策モデル事業」として、研修や健康教育を行っています。

平成25年度は「養護教諭・栄養教諭等を対象とした研修」、平成26年度は「学校保健関係職員等を対象とした研修」を開催しました。詳しくは下記ファイルをご覧ください。

【25年度】養護教諭・栄養教諭等を対象とした研修 [PDF:177KB]
【26年度】学校保健関係職員等を対象とした研修 [PDF:308KB]

保護者等を対象とした糖尿病予防健康教育

保護者等を対象とした糖尿病予防健康教育

「保護者等を対象とした糖尿病予防健康教育」では、小学校の児童や保護者を対象に家族ぐるみで食習慣、運動習慣等の見直しを促すための健康教育を実施しています。
健康教育では、授業参観や学校保健委員会、総合的な学習の時間や保護者会に出向いて、講義やグループワークを行います。
講師は、小児科医をはじめ市町や保健所の保健師、管理栄養士、教育委員会の先生等保健教育の専門家です。
小児生活習慣病予防健診の結果をもとに、家族で取組む生活習慣病予防や健康的な生活の実践について一緒に学びます。

【保護者等健康教育の実績】[PDF:13KB]

保護者等を対象とした糖尿病予防健康教育

保護者等を対象とした糖尿病予防健康教育

糖尿病予備群重症化予防症例検討

糖尿病等生活習慣病の重症化を予防するため、行動変容につながる保健指導を効果的に実施できる人材の育成を目的として、研修会を開催しています。
研修では、講義やロールプレイングを用いた事例検討などが行なわれます。
効果的な面接技法や最新の糖尿病治療についてなど最新の知見と参加者のニーズに沿った研修を目指しています。

糖尿病予備群重症化予防症例検討

糖尿病予備群重症化予防症例検討

エクササイズ習慣化事業

糖尿病の発症を予防するため、肥満予防・改善に向けた、適度な運動習慣を身につけるための体験機会を提供しています。

エクササイズ習慣化事業
エクササイズ習慣化事業

かがわ育児の日フェステイバル
かがわ育児の日フェステイバル

その他の取組み

「3世代毎日健康チャレンジ!」(平成27年度実施)

糖尿病対策検討会

生活習慣病や小児生活習慣病を予防するため、小学生を含む「3世代」で3か月間、生活習慣の改善に取り組むチームを募集し、目標達成に向けての工夫点などを審査しました。

平成28年3月30日に表彰式を行いました。
入賞チームの取組みや工夫点などをご紹介します。[PDF:83KB]
入賞者の工夫点などを参考に、家族ぐるみで生活習慣改善に取り組みましょう!

マップ・ポスター等の作成、配布

【小児生活習慣病予防啓発チラシ】

【香川の子どもの健康と生活習慣 ~小児生活習慣病予防健診の結果から~】

AdobeAcrobatReaderダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくためにはAdobeAcrobatReader別ウィンドウが開きますで開くが必要です。 お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。