保健福祉事務所共通ページ

特定不妊治療費の助成事業


県では、平成16年度から不妊治療を行う夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精(特定不妊治療といいます。)を対象として、 治療費の一部を助成する事業を実施しています。

1 助成対象者

次の要件をすべて満たす者です。

2 対象となる治療

法律上の婚姻をしている夫婦が指定医療機関において行った特定不妊治療を対象とし、医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合についても、卵胞が発育しない場合等により卵子採取以前に中止した場合を除き、助成の対象とします。(詳しくは、こちらの「治療ステージと助成対象範囲」をご覧ください。

ただし、次の治療法は助成の対象となりません。

  1. 夫婦以外の第三者から精子・卵子・胚の提供による不妊治療
  2. 代理母(妻が卵巣と子宮を摘出したことなどにより、妻の卵子が使用できず、かつ、妻が妊娠できない場合に夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入して、当該第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの)
  3. 借り腹(夫婦の精子と卵子は使用できるが、子宮摘出等により、妻が妊娠できない場合に、夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入して、当該第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの)

申請は、治療が終了した日の属する年度ごとに行うことができます。(年度とは、4月1日から翌年3月31日までをいいます。)

ただし、3月中に治療が終了した方などやむを得ない場合は、4月末まで申請を受け付けます。

申請が遅れると助成できませんのでご注意ください。

3 指定医療機関

香川県内の指定医療機関は次のとおりです。(平成27年12月1日現在)

※ 指定医療機関は、都道府県知事、政令指定都市及び中核市の市長が指定した医療機関で、県外の医療機関でもその県の知事等が指定していれば助成の対象となります。

4 1回あたりの助成上限額

助成額の上限は1回当たりの治療に関して15万円[凍結肺移植(採卵を伴わないもの)及び採卵したが卵が得られない等のために中止したものについては、7万5千円]で、通算2回まで[平成25年度までに助成を受けたことがある方は、平成26年度・平成27年度は、年1回に限り(経過措置)]これらの額に5万円を上乗せします。

5 助成の回数及び期間

※ 以下の年齢は治療開始時の妻の年齢となります。

  1. 40歳未満で初めて助成を受ける方
    ⇒ 43歳に達するまで通算6回
  2. 40歳以上43歳未満で初めて助成を受ける方
    ⇒ 43歳に達するまで通算3回
    • 平成26年度に初めて助成を受ける方の特例(経過措置)
      平成26年度は年間3回、平成27年度は年間2回までの助成とし、平成28年度以降は43歳に達するまで通算3回(平成27年度までに助成を受けた回数を含む)までを助成
    • 平成27年度に初めて助成を受ける方の特例(経過措置)
      平成27年度は年間3回、平成28年度以降は43歳に達するまで通算3回(平 成27年度までに助成を受けた回数を含む)までを助成
  3. 43歳以上で治療を受ける方
    ⇒ 助成の対象外

※ 平成25年度までに助成を受けたことがある方の特例(経過措置)

平成26年度・平成27年度は年間30万円までで通算5年間を限度に総額150万円までを助成


【注意】 

平成28年3月31日を以て、上記の経過措置が終了します。
これらの経過措置が適用となる治療は、平成28年3月31日までに終了した治療ですので、ご注意ください。


※詳しくはこちらをご覧ください。[PDF 49KB]

6 助成の申請

高松市にお住まいの方へ
この事業については、中核市の高松市も実施しています。申請手続等については、高松市保健センター(高松市桜町1-9-12 TEL087-839-2363)にお問い合わせください。

7 不妊に関する相談・こころのケア(カウセリング)

県では不妊に関する様々な悩みを気軽に相談していただけるよう、不妊相談センターにおいて、 専門の医師等が面接相談(週1回予約制)や電話相談(週3回)、メール、FAX相談を実施していますのでご利用ください。

また、心理カウンセラーが妊娠・出産をとりまく精神的な問題に関する心のケア・カウセリング室を実施しています。


リンク