河川法の改正

          わが国の河川制度は、明治29年に旧河川法が制定されて以来、幾たびかの改正を
       経て現在にいたっています。

           しかしながら、その後の社会経済の変化により、近年、河川制度をとりまく状況は大き
        く変化しています。
          現在では河川は、治水、利水の役割を担うだけではなく、うるおいのある水辺空間や
       多様な生物の生息・生育環境として捉えられ、また、地域の風土と文化を形成する重要
       な要素としてその個性を活かした川づくりが求められています。

          このように社会経済の状況が変化する中で、平成9年に河川法が改正されました。こ
       の改正には二つの大きな改正点があり、一つはこれまでの河川法の目的である「治水」、
       「利水」に加え、新たに「環境」が位置付けられたこと、もう一つは「地域の意見を反映
   した河川整備の計画制度の導入」
が盛り込まれたことです。

          計画制度のあり方について、改正前は「工事実施基本計画」という1つの制度で河川
       改修などの事業を実施してきましたが、この新しい計画制度では、河川整備の基本となる
       べき方針に関する事項である「河川整備基本方針」、また、具体的な河川整備に関する
       事項である「河川整備計画」という2段階の計画を策定することになっています。

         また、河川整備計画においては、地域の実情に応じた河川整備を推進するため、学識
       経験者、地方公共団体の長、地域住民等の意見を反映する手続きを導入することになっ
       ており、このような趣旨を踏まえて、香川県では「わがかがわの川懇談会」を設置し、河
       川整備計画の策定にあたり、委員の方々にご審議していただいております


明治29年
1896
                   近代河川制度の誕生
 

昭和39年
1964
    治水・利水の体系的な制度の整備
・水系一貫管理制度の導入
・利水関係規定の整備


平成9年
1997
         治水・利水・環境の総合的な河川制度の整備
・河川環境の整備と保全
・地域の意見を反映した河川整備の計画制度の導入