香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
土壌及び地下水汚染対策

土壌環境基準について
 人の健康を保護し、及び生活環境を保全するうえで維持することが望ましい基準として、環境基準が定められています。

1.地下水の水質汚濁に係る環境基準

(地下水の水質汚濁に係る環境上の条件につき人の健康を保護する上で維持することが望ましい基準)
項目
環境上の条件
カドミウム 0.003mg/L以下
全シアン 検出されないこと。
0.01mg/L以下
六価クロム 0.05mg/L以下
砒(ひ)素 0.01mg/L以下
総水銀 0.0005mg/L以下
アルキル水銀 検出されないこと。
PCB 検出されないこと。
ジクロロメタン 0.02mg/L以下
四塩化炭素 0.002mg/L以下
クロロエチレン 0.002mg/L以下
1,2−ジクロロエタン 0.004mg/L以下
1,1−ジクロロエチレン 0.1mg/L以下
1,2−ジクロロエチレン 0.04mg/L以下
1,1,1−トリクロロエタン 1mg/L以下
1,1,2−トリクロロエタン 0.006mg/L以下
トリクロロエチレン 0.01mg/L以下
テトラクロロエチレン 0.01mg/L以下
1,3−ジクロロプロペン 0.002mg/L以下
チウラム 0.006mg/L以下
シマジン 0.003mg/L以下
チオベンカルブ 0.02mg/L以下
ベンゼン 0.01mg/L以下
セレン 0.01mg/L以下
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/L以下
ふっ素 0.8mg/L以下
ほう素 1mg/L以下
1,4−ジオキサン 0.05mg/L以下
【備考】
  • 基準値は年間平均値とする。ただし、全シアンに係る基準値については、最高値とする。
  • 「検出されないこと」とは、定められた方法により測定した場合において、その結果が当該方法の定量限界を下回ることをいう。
  • 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の濃度は、定められた方法により測定された硝酸イオンの濃度に換算係数0.2259を乗じたものと、亜硝酸イオンの濃度に換算係数0.3045を乗じたものの和とする。
  • 1,2−ジクロロエチレンの濃度は、定められた方法により測定されたシス体とトランス体の濃度の和とする。

2.土壌の汚染に係る環境基準

(土壌の汚染に係る環境上の条件につき、人の健康を保護し、及び生活環境を保全するうえで維持することが望ましい基準)
項目
環境上の条件
カドミウム 検液1リットルにつき0.01mg以下であり、かつ、農用地においては、米1kgにつき0.4mg未満であること。
全シアン 検液中に検出されないこと。
有機燐(りん) 検液中に検出されないこと。
検液1リットルにつき0.01mg以下であること。
六価クロム 検液1リットルにつき0.05mg以下であること。
砒(ひ)素 検液1リットルにつき0.01mg以下であり、かつ、農用地(田に限る。)においては、土壌1kgにつき15mg未満であること。
総水銀 検液1リットルにつき0.0005mg以下であること。
アルキル水銀 検液中に検出されないこと。
PCB 検液中に検出されないこと。
農用地(田に限る。)において、土壌1kgにつき125mg未満であること。
ジクロロメタン 検液1リットルにつき0.02mg以下であること。
四塩化炭素 検液1リットルにつき0.002mg以下であること。
クロロチレン 検液1リットルにつき0.002mg以下であること。
1,2−ジクロロエタン 検液1リットルにつき0.004mg以下であること。
1,1−ジクロロエチレン 検液1リットルにつき0.1mg以下であること。
シス−1,2−ジクロロエチレン 検液1リットルにつき0.04mg以下であること。
1,1,1−トリクロロエタン 検液1リットルにつき1mg以下であること。
1,1,2−トリクロロエタン 検液1リットルにつき0.006mg以下であること。
トリクロロエチレン 検液1リットルにつき0.03mg以下であること。
テトラクロロエチレン 検液1リットルにつき0.01mg以下であること。
1,3−ジクロロプロペン 検液1リットルにつき0.002mg以下であること。
チウラム 検液1リットルにつき0.006mg以下であること。
シマジン 検液1リットルにつき0.003mg以下であること。
チオベンカルブ 検液1リットルにつき0.02mg以下であること。
ベンゼン 検液1リットルにつき0.01mg以下であること。
セレン 検液1リットルにつき0.01mg以下であること。
ふっ素 検液1リットルにつき0.8mg以下であること。
ほう素 検液1リットルにつき1mg以下であること。
【備考】
  • 環境上の条件のうち検液中濃度に係るものにあっては定められた方法により検液を作成し、これを用いて測定を行うものとする。
  • カドミウム、鉛、六価クロム、砒(ひ)素、総水銀、セレン、ふっ素及びほう素に係る環境上の条件のうち検液中濃度に係る値にあっては、汚染土壌が地下水面から離れており、かつ、原状において当該地下水中のこれらの物質の濃度がそれぞれ地下水1リットルにつき0.01mg、0.01mg、0.05mg、0.01mg、0.0005mg、0.01mg、0.8mg及び1mgを超えていない場合には、それぞれ検液1リットルにつき0.03mg、0.03mg、0.15mg、0.03mg、0.0015mg、0.03mg、2.4mg及び3mgとする。
  • 「検液中に検出されないこと」とは、定められた方法により測定した場合において、その結果が当該方法の定量限界を下回ることをいう。
  • 有機燐(りん)とは、パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン及びEPNをいう。