香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境>水・大気・生活環境> 大気・生活環境> ダイオキシン類対策
ダイオキシン類対策
  •  人体の耐容一日摂取量 

  • 耐容一日摂取量(TDI):人が生涯にわたり摂取しても健康に対する有害な影響が現れないと判断される1日体重1kg当たりの摂取量・・・・4 pg-TEQ/体重kg/日

  •  届出 

  • 新たに特定施設を設置又は変更しようとする場合は、工事着手予定日の60日以上前に届出をしなければなりません。既に届出をしている施設の廃止、届出者氏名の変更等についても届出が必要になります。
    届出様式はこちら


  •  ダイオキシン類土壌汚染対策地域 

  • これまでの県内の対策地域の指定状況は以下のとおりです。
    • 高松市の地域

    •  県では、平成15年度に高松市が実施した土壌のダイオキシン類調査で、高松市新開西公園の一部(高松市松福町二丁目1番9号)の土壌が環境基準を超過していたことから、ダイオキシン類対策特別措置法に基づき、平成17年3月4日当該地域をダイオキシン類土壌汚染対策地域として指定しました。
       当該地域において、汚染土壌を掘削除去(汚染土壌は、香川県直島環境センター中間処理施設へ運搬し、溶融処理を行い、汚染土壌中のダイオキシン類を熱分解させ無害化処理を実施)した後、良質土を搬入・整地し、対策を講じたため、平成17年8月12日に指定を解除しています。
        指定 : 平成17年3月4日(平成17年3月4日告示(PDFファイル)
        指定地域 : 高松市新開西公園の一部(高松市松福町二丁目1番9号)
        最高汚染濃度 : 3,200 pg-TEQ/g (環境基準値1,000 pg-TEQ/g)
        対策計画策定 : 平成17年6月8日(平成17年6月10日公告(PDFファイル)
        指定解除 : 平成17年8月12日(平成17年8月12日告示(PDFファイル)