選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 >みどり・自然 > 香川県イノシシ適正管理計画(特定鳥獣保護管理計画)について
香川県イノシシ適正管理計画(特定鳥獣保護管理計画)について

(1) 根拠

 法第7条の規定に基づき都道府県が任意に策定できる計画です。
 本県では、イノシシによる農業被害や生活環境被害が増加している現状を踏まえ、被害対策や生息環境の整備等の実施により農業被害等を低減して、人とイノシシの共生を図ることを目的として計画したものです。

(2) 計画の期間

 平成24年4月1日から平成29年3月31日までの5年間です。

(3) 計画の目標

○ 狩猟による捕獲と加害個体を重点的な対象とした有害捕獲により、個体数調整を積極的に推進します。

○ 農作物被害額を削減し、被害が恒常的に発生する集落数を削減します。

○ 市街地出没対策として、市街地周辺の山林等での集中的な捕獲と侵入しにくい環境づくりを推進します。

(4) 計画の推進

○ 狩猟制限の解除措置の継続(前計画に引き続き実施します)

  • 狩猟期間の1か月延長
     通常の狩猟期間は11月15日から2月15日までですが、イノシシに限り3月15日まで延長することとします。
  • 特例休猟区の設定
     休猟区では狩猟することはできせんが、イノシシに限り休猟区でも狩猟ができることとします。
  • 足くくりわな直径制限の解除
     クマ類の錯誤捕獲を防止する目的で、くくりわなの輪の直径が12センチメートルを超えるものを禁止していますが、本県においては、クマ類の錯誤捕獲の可能性がないことから、イノシシ捕獲用の足くくりわなに限り、効果的な捕獲のため、この禁止を解除することとします。

○ 加害個体を捕獲するなど、被害状況に応じた効果的な有害捕獲を行うこととします。

○ 狩猟免許試験の休日実施や回数を増やすなど新たな担い手を確保することとします。また、イノシシの生態・習性に関する知識や捕獲技術向上のための講習会を開催することとします。

○ 被害農家等に対して適切な指導・助言を行うことができる指導者を養成することとします。

○ 市街地における対策として、「イノシシが市街地に出没したときの対応マニュアル」をより実効性のあるものとするほか、市街地への出没対策として、市街地周辺の山林等での捕獲や、茂み等の除去や緩衝帯の整備を行うこととします。


香川県イノシシ適正管理計画 [PDF:2,155KB]


[担当]
香川県 みどり保全課 野生生物グループ
電話:087-832-3212 FAX:087-806-0225
E-mail:midorihozen@pref.kagawa.lg.jp

関連リンク