選定種の概要

香川県レッドデータブックの選定結果一覧表(種数・亜種数)
分類群
カテゴリー
絶滅
(EX)
野生絶滅
(EW)
絶滅危惧I類
(CR+EN)
絶滅危惧II類
(VU)
準絶滅危惧
(NT)
情報不足
(DD)
合計
割合(%)
植物
5
0
201
95
89
11
401
(50.3)
哺乳類
1
0
0
0
4
0
5
(0.6)
鳥類
0
0
16
19
30
6
71
(8.9)
爬虫類
0
0
0
0
3
2
5
(0.6)
両生類
0
0
1
2
2
0
5
(0.6)
淡水魚類
0
0
8
7
4
0
19
(2.4)
昆虫類
4
0
24
52
143
14
237
(29.7)
甲殻類
0
0
1
0
3
0
4
(0.5)
陸産・淡水産貝類
2
0
23
16
9
1
51
(6.4)
合計
割合(%)
12
(1.5)
0
(0.0)
274
(34.3)
191
(24.0)
287
(36.0)
34
(4.3)
798
(100)

香川県では羊歯植物以上の高等植物は、およそ2,366種が自生している。そのうち、639種の帰化植物や野生化植物を除くと、1,726種の在来植物が自生していることになる(変種・亜種を含む:1996年現在、久米による)。植物のレッドデータブック掲載種の選定にあたっては、これらの羊歯植物以上の高等植物のうち調査途中から追加した種も含めて535種を対象に文献調査・標本調査とともに現地調査を行った。現地調査は「香川植物の会」の会員が中心となって行った。調査対象種の標本あるいは写真を根拠資料として、分布についての情報は、それぞれの個別資料ごとに、確認年月日、確認地名、3次メッシュコード、現存株数(概数)、以前からの増減などを記録した調査票を添付した。会員の間で特に調査対象地域の分担を行っていないので資料の重複がおこりうる。
2003(平成15)年末までの集計では、絶滅情報や重複情報も含めて、全体で、約3,000件の個別資料が寄せられた。レッドデータブックに掲載した401種のうち、今回の現地調査による報告資料がない種は絶滅、情報不足もふくめて101種(掲載種の25.2%)もあった。そのなかの74種は絶滅危惧I類(CR+EN)とカテゴリー区分した種であるが、準絶滅危惧(NT)とした種でも3種あった。県内での過去の希少植物の生育記録は、偶然発見された種がたまたま記録されたという場合が多い。とりわけ、山林内に生育する草本性植物の生育地は場所の特定が難しく、個体数の多い種でない限り同じ生育地での再発見は難しい。絶滅危惧I類(CR+EN)の37%の種が現地調査で確認されなかったが、そのうちのかなりの種は実際にはすでに絶滅しているものと考えられる。
一方、今回の現地調査によって香川県で初めて生育が確認された種が2種あった。モエジマシダとドロイで、いずれも県内での生育地は少ないものと考えられレッドデータブックに掲載した。また、バクチノキは県内の社寺林で植栽と思われるものは以前から知られていたが、今回初めて自生地が発見された。
現地調査結果や過去の記録をもとに401種をレッドデータブックに掲載したが、その内訳は、絶滅(EX)5種、絶滅危惧I類(CR+EN)201種、絶滅危惧II類(VU)95種、準絶滅危惧(NT)89種、情報不足(DO)11種となった。以下に、選定理由を中心にレッドデータブック掲載種の概要について説明する。
香川県固有種で模式産地となっている種はショウドシマレンギョウ、ヒメソクシンラン、カンカケイニラの3種である。当然のことだが、いずれも分布は全国的に香川県に限られており、県内でも分布地は限られている。3種のうちヒメソクシンランとカンカケイニラは絶滅危惧I類(CR+EN)、ショウドシマレンギョウは絶滅危惧II類(VU)とされた。カンカケイニラとショウドシマレンギョウは現地調査で生育は確認されているが、ヒメソクシンランはこれまで現地調査による確認情報はない。
全国的に分布地が限られている種は香川県固有種のほかにミセバヤ、カンザシキリンソウ、チョウジガマズミ、シコクザサの4種である。4種のうち、ミセバヤ、チョウジガマズミ、シコクザサの3種は県内でも分布地は限られている。カンザシキリンソウは乾燥した集塊岩地などの限られた環境に生育する。
交雑移行の危険性のある種は、カシワ、ミズナラ、ノジギク、イトモ、イヌノフグリ、ササバモ、ヤナギモの7種であった。カシワとミズナラを含むコナラ属は一般に同属内の雑種を作りやすく、現地調査でも個体数の多いコナラとの雑種である可能性のある個体が見られた。ノジギクも栽培されるキクとの雑種が見られる。イヌノフグリは以前とはやや違ったものが市街地部で見られており、帰化種あるいはそれとの交雑種である可能性がある。イトモ、ササバモ、ヤナギモはヒルムシロ属の他種と交雑することで雑種化する危険性がある。
香川県内で分布地が限られている種は香川県固有種や全国的な分布局限種をのぞいて52種であった。カラクサシダ、シシラン、ヒメシロアサザ、トサコバイモなどがあげられるが、いずれも県内の1、2箇所でしか生育が知られていない。限られた分布地としては小豆島あるいは讃岐山脈に分布する種が多かった。
50年以上生育が確認されておらず絶滅と考えられる種はミズスギナ、ミズトラノオ、ツツイトモ、オオミズヒキモ、イトクズモの5種であった。これらは溜池・河川・汽水域に生育する水草で、いずれも1920年代から1930年代にかけて三木茂によって香川県内各地で採集された記録で、大阪市立自然史博物館に標本が保管されている。その後、生育記録がなく、いずれもすでに50年以上たっている。これら5種以外にも以前は県内で分布していたが現在は絶滅している種があるものと考えられるが、本県では過去の標本資料等を継続的に収集保管している公的な施設がなく、50年以上も前の生育を確認することのできる記録が他にはなかったため、たまたま大阪市立自然史博物館に標本が保管されていることが確認できた5種だけを取り上げた。
限られた環境に生育することを選定理由とする種は218種あった。海岸や河口のやや安定した砂泥地に生育するハマボウ、山中の樹上や岩の割れ目に着生するマツバラン、海岸の砂浜に生育するハマゴウに寄生するハマネナシカズラ、海岸の岩場に生育するノジギク、山地の日当たりが良い草地に生育するササユリ、水田や河川、用水路など浅い停水域に生育するミズアオイなど生育する具体的な環境は種によってさまざまである。
また、「近年減少」を選定理由とする種は125種あった。以前には県内各地の塩田に広く生育していたが塩田の埋め立てによって減少したアッケシソウ、海岸の砂浜に生育していたが海辺の改変や砂浜への人間の立ち入りにより減少したスナビキソウやウンラン、定期的に洪水をうける河川の河原の砂礫地に生育していたが河川改修や河原への帰化植物の侵入により減少したカワラハハコ、平野部の溜池によく見られたが溜池の水質の悪化などによって減少したオニバスなどをあげることができる。
これらの種の大半は山林に生育する種であるが、溜池とその周辺部に生育し、溜池の改修工事などによって影響を受けると考えられる種は「限定生育環境」と「近年減少」を選定理由とする種をあわせて、97種(29.5%)もあった。そのような種には、溜池内に生育する水生植物だけでなく、湿地性の種や溜池の堤に生育する陸上性の植物も含まれている。また、海岸や河口域周辺に生育する種は同じく39種(11.8%)であった。
過去に生育していたといわれているが証拠標本がなく、はっきりした生育記録もない種および栽培種の逸出である可能性の高い種を情報不足とした。情報不足とされた種はマンネンスギ、ヌカイタチシダ、ヒメビシ、ダイセンミツバツツジ、ゴマノハグサ、カワラニンジン、オオバギボウシ、サルメンエビネ、トケンラン、サデクサ、ヒロハイヌノヒゲの11種であった。オオバギボウシは2箇所で確認されているが、確認された標本の同定が困難なこと、植裁の可能性もあることから、情報不足(DD)とした。香川県が分布限界となる種はなかった。
(末広喜代一)
香川県に現在分布する哺乳類の種数は34種である。そのうち、モグラ目4種(四国は6種、以下同様)、コウモリ目6種(15種)、サル目1種(1種)、ウサギ目1種(1種)、ネズミ目10種(13種)、イヌ目10種(12種)、ウシ目2種(3種)である。このうち、移入動物と考えられる種は、ネズミ目ではドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミ、ヌートリアの4種であり、イヌ目では野イヌ、野ネコ、チョウセンイタチ、ハクビシン、アライグマの5種で合計9種ある。なお、アライグマは近年確認された(2000(平成12)年さぬき市(旧長尾町))。この状況を四国の他の県に分布する種と比較すると、高山地に分布するモグラ目のトガリネズミやヒメヒミズ、樹洞棲のコウモリ目や、大型イヌ目のツキノワグマや大型ウシ目のニホンカモシカが生息しない。これは本県がこれらの動物が生息する高山や大きな森林帯をもたないことに起因する。したがって、本県はもともと四国内の他の3県に比べて哺乳類相が貧弱であるといえる。
今回、香川県レッドデータブックの対象種は、移入種を除いた25種と絶滅種のニホンカワウソの計26種である。その結果、レッドデータ掲載種は明治以降その存在が確認されていない絶滅(EX)のニホンカワウソ、準絶滅危惧(NT)としてはアズマモグラ、ニホンテングコウモリ、ニホンイタチ、およびアナグマの4種となった。
ニホンカワウソは明治時代以降の文献で生息が確認でき、第2次世界大戦末期の1944(昭和19)年までは生息しており、その後絶滅した。ニホンカワウソが絶滅した原因にはいくつかの理由が多くの専門家によって考えられているが(金子、2003)、毛皮獣としての密漁(捕獲)、河川改変、海浜の改変、海水域の変化、漁網の使用、海洋汚染(水質汚濁)にともなう魚の減少などがあげられる。本県のニホンカワウソは小豆島での最初の報告である1939(昭和14)年の時にすでに絶滅危険が指摘されていたのである。そして瀬戸内海沿岸にはまだこの頃には生息が認められていた。ニホンカワウソが香川県の海中で発見・捕獲されていることを考えると、瀬戸内海をとりまく環境や海水域の変化が、この種の絶滅におおきな影響を与えたのであろう。
準絶滅危惧(NT)として上げたアズマモグラやニホンイタチの場合は、競争種との種間関係による個体数の減少が考えられる。競争種は、アズマモグラの場合は日本の固有種であるコウベモグラであり、ニホンイタチの場合は外来種であるチョウセンイタチである。山地性のアズマモグラは森林開発や、山地の農地改修という間接的な影響によって彼らの競争種との競合関係にさらされることになると思われる。一方、ニホンイタチはより直接的に競争種との種間関係が影響しよう。
同じ準絶滅危惧(NT)であるアナグマはもともと個体数も少ないと考えられる。狩猟対象になっていないので、偶然の発見にもとづく資料がおおいと考えられ、危険性の理由としては明確ではない。一方、同じ準絶滅危惧(NT)であるニホンテングコウモリは全国的にみても発見が希な種であり、個体数が少ないと考えられ、不明と考えられる。
したがって、哺乳類の絶滅や危険性の要因はそれぞれの種の特性が反映しており、一括して述べることはできない。一つには、もともと種数が少ないことがあり、また種による生態的な特性が異なっているからである。
(金子之史)
香川県には、鳥類18目、61科、299種(外来種は除く)が記録されている。これは日本で記録された542種(日本鳥学会、2000)の57%にあたる。本県は小豆島をはじめ大小の島嶼部をもち、標高1000m前後の讃岐山脈や平野部と小さな山塊、河川や溜池、瀬戸内海に面した海岸の干潟といった変化に富んだ自然環境を有し、生息する鳥類も多様性に富んでいる。
本県で記録された鳥類は、アビ目1科3種、カイツブリ目1科5種、ミズナギドリ目2科3種、ペリカン目3科4種、コウノトリ目3科18種、カモ目1科35種、タカ目2科17種、キジ目1科3種、ツル目2科10種、チドリ目10科69種、ハト目1科3種、カッコウ目1科5種、フクロウ目1科5種、ヨタカ目1科1種、アマツバメ目1科3種、ブッポウソウ目3科6種、キツツキ目1科5種、スズメ目26科104種である。また、季節による出現様式では、留鳥59種、夏鳥32種、冬鳥108種、旅鳥79種、迷鳥18種、漂鳥3種となる。
上記の鳥類を、環境省のカテゴリー区分を参考にして、留鳥と夏鳥は繁殖地の環境を、冬鳥は越冬地の環境を、旅鳥は中継地の環境をそれぞれ評価した。その結果、香川県レッドデータブックに挙げられた鳥類は71種であり、絶滅危惧I類(CR+EN)はオオタカ、セイタカシギなど16種、絶滅危惧II類(VU)はミゾゴイ、ハヤブサなど19種、準絶滅危惧(NT)はチュウサギ、ミサゴなど30種、情報不足(DD)をウズラなど6種とした。
これら71種には環境省が選定していない33種も含まれるが、@近年、県内で目立って個体数が減少している、A県内における繁殖地や渡来地、中継地などの生息環境が悪化している、といった危険性の増大が選定の理由である。以下には、各生息場所別に生息環境の特徴と危険性の要因、および香川県レッドデータブックに挙げられた該当種(カテゴリー区分)を述べる。
本県の森林は、亜高山帯の最下部と低山帯で形成されている。そのうち、讃岐山脈の常緑広葉樹・落葉広葉樹混交林ではヤイロチョウ(絶滅危惧I類(CR+EN))、サンショウクイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ミゾゴイ(絶滅危惧II類(VU))、ヨタカ(絶滅危惧II類(VU))、ヤマセミ(絶滅委危惧II類(VU))、アカショウビン(絶滅危惧II類(VU))、ツツドリ(準絶滅危惧(NT))、オオコノハズク(準絶滅危惧(NT))、アカゲラ(準絶滅危惧(NT))、オオアカゲラ(準絶滅危惧(NT))、コサメビタキ(準絶滅危惧(NT))などが繁殖しているが、近年になって個体数が減少している。また、ジュウイチ(準絶滅危惧(NT))が讃岐山脈を渡りの中継点としているほか、かつてはクマタカ(絶滅危惧I類(CR+EN))の飛来記録が讃岐山脈であったが最近はその情報はない。さらに、オシドリ(準絶滅危惧(NT))は内場ダム、戸川ダム、池ノ尾池などの点在する山池を越冬地としているがその個体数は多くはなく、狩猟対象のヤマドリ(準絶滅危惧(NT))は最近になって減少している。このような鳥類の減少傾向は、近年になり常緑広葉樹・落葉広葉樹混交林をスギやヒノキで植林したことが主な要因と考えられる。
一方、讃岐山脈の北側に位置する低山帯や讃岐平野に点在する里山で、オオタカ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ハチクマ(絶滅危惧I類(CR+EN))、サシバ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ツミ(準絶滅危惧(NT))、サンコウチョウ(準絶滅危惧(NT))が繁殖したり、ハイタカ(準絶滅危惧(NT))やホオアカ(準絶滅危惧(NT))が越冬する。また、コマドリ(準絶滅危惧(NT))がこれらの里山を渡りの中継地としている。いずれの種も個体数が少ないが、これは近年になって進行したマツ枯れや土地造成、森林開発、森林の管理放棄、道路建設、さらには農薬汚染が複合して影響し、その結果、餌となる食物連鎖の下位に相当する動植物が減少したためと思われる。猛禽類は食物連鎖の上位であるのでとくにその影響が著しく働いたであろうし、さらに、営巣木となっていたマツの減少も影響したであろう。今後、低山帯の自然環境を保全するには危険性の要因を総合的に検討して対策を立てるという大きな課題が残っている。
本県の平野部には、溜池、河川、水田などの湿地や、社叢林などがあり、鳥類の重要な生息地となっている。小田池、田村池、国市池、仁池などのように面積の大きい溜池や太井池のように水生植物が繁茂する溜池には、カモ科、シギ科、チドリ科その他多くの鳥類が渡来する。そのうち、ヨシゴイ(絶滅危惧II類(VU))、ヒクイナ(絶滅危惧II類(VU))は夏期にヨシ原で営巣する。また、冬期にはサンカノゴイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、コウノトリ(絶滅危惧I類(CR+EN))、クロツラヘラサギ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ツクシガモ(絶滅危惧I類(CR+EN))、セイタカシギ(絶滅危惧I類(CR+EN))、トモエガモ(絶滅危惧II類(VU))、アカエリカイツブリ(準絶滅危惧(NT))、マガン(準絶滅危惧(NT))、クイナ(準絶滅危惧(NT))、オオバン(準絶滅危惧(NT))、ヘラサギ(情報不足(DD))、クロトキ(情報不足(DD))、アカツクシガモ(情報不足(DD))、アカハジロ(情報不足(DD))などの貴重な種が不定期に渡来している。近年、溜池の堤防のコンクリート化や道路化によって、水生植物が減少して餌不足を生じたり営巣場所が消滅した場所が多くなった。
河川の中流ではイカルチドリ(絶滅危惧II類(VU))が繁殖するが、近年は河川敷が公園やグランドに利用されるため個体数が減少している。また、川原林や堤防林が伐採される傾向にあり、冬期に渡来するトラフズク(準絶滅危惧(NT))の個体数は限られている。さらに、春期に低木のある草原に立ち寄る旅鳥のアカモズ(準絶滅危惧(NT))は最近になって見られなくなった。
水田の多くは鳥類の生息地となる。なかでも個体数の少ないタマシギ(絶滅危惧II類(VU))が繁殖をし、チュウサギ(準絶滅危惧(NT))が採餌場として利用する。また、海岸に近い三豊干拓地の農地に渡来するコミミズク(準絶滅危惧(NT))やオオジシギ(準絶滅危惧(NT))、平野の農地に稀に渡来するクロヅル(情報不足(DD))も選定種に挙げた。
県内の平野部に点在する社叢林には潜在植生が残り大径木も残る。その洞でアオバズク(準絶滅危惧(NT))が営巣するが、最近大径木が伐採されるところもあり繁殖が危惧される。また、コシアカツバメ(準絶滅危惧(NT))が平野と山間部を含めたコンクリ−ト建築の病院、学校、町営住宅、市場、納屋、橋梁などで営巣するが、県全体として個体数は多くなく保護を要する。
新川・春日川、本津川、姫浜、柞田川などの干潟やその後背地は希少な鳥類が生息する。干潟ではヘラシギ(絶滅危惧I類(CR+EN))、カラフトアオアシシギ(絶滅危惧I類(CR+EN))、コアジサシ(絶滅危惧I類(CR+EN))、コクガン(絶滅危惧II類(VU))、アカアシシギ(絶滅危惧II類(VU))、ホウロクシギ(絶滅危惧II類(VU))、ズグロカモメ(絶滅危惧II類(VU))、ミサゴ(準絶滅危惧(NT))、シロチドリ(準絶滅危惧(NT))、オオメダイチドリ(準絶滅危惧(NT))、ハマシギ(準絶滅危惧(NT))、ダイシャクシギ(準絶滅危惧(NT))などの希少種が定期・不定期に渡来する。干潟は底生動物や魚類などが多く生息し、鳥類の餌場となっている。本来であれば、河川の流入や沿岸部により干潟面積が拡大するのであるが、埋立などによって土地利用に供され縮小を続けている。
また、河口干潟の後背地にはヨシ原や草地、農地などの湿地があり、そこにコシャクシギ(絶滅危惧I類(CR+EN))、チュウヒ(絶滅危惧II類(VU))、ナベヅル(絶滅危惧II類(VU))、マナヅル(絶滅危惧II類(VU))、ツバメチドリ(絶滅危惧II類(VU))、ウズラ(情報不足(DD))などの希少種が不定期に渡来する。しかし、近年になって自然海岸が半自然海岸や人工海岸に整備され、後背地が消失したところが多いので、渡来してきた鳥類の種類数や個体数が減少している。
県内の海岸地域の崖地ではハヤブサ(絶滅危惧II類(VU))が営巣し、無人島海岸の岩礁ではクロサギ(絶滅危惧II類(VU))が繁殖している。しかし、最近そのような環境は釣りやモーターボートなどのレジャーによって気づかないうちに人的攪乱が生じて繁殖障害を起こしている。
瀬戸内海の海面には、冬期にウミスズメ(絶滅危惧I類(CR+EN))やシロエリオオハム(準絶滅危惧(NT)が渡来するが個体数は極めて少ない。これらは頻繁な海上交通や油流出事故の影響を受けやすい。
(山本正幸)
現在、香川県には、亜種も含めてカメ目では2科4種、トカゲ目ではトカゲ亜目が3科4種、ヘビ亜目が2科8種生息する。日本には亜種も含めて、カメ目は4科13種、トカゲ目はトカゲ亜目が6科32種、ヘビ亜目は9科44種が生息しているので、本県の種が少ないように見えるが、海産の種を除くと本土に産する種がすべて県内に生息している。
香川県レッドデータブックに掲げた種は、準絶滅危惧(NT)であるイシガメ、タワヤモリ、ニホントカゲの3種と、情報不足(DD)としてスッポンとタカチホヘビの2種である。生息状況からみると、多くの爬虫類の種の個体数が減少傾向にあると推察できるが、比較検討する調査記録が極めて少なく、現段階ではより正確な判断ができないので今回はこれら5種をリストに挙げるにとどめた。今後は、今回の資料との比較検討によって香川県レッドデータブックの見直しを検討することが肝要である。
準絶滅危惧(NT)の種として、イシガメは小豆島の2箇所でのみ生息情報が得られた。周辺は圃場整備事業もおこなわれておらず溜池や沼に隣接した落葉広葉樹林が広がっている。本種は、個体数の多いクサガメとの間に雑種ができることも考えられる。つぎに、タワヤモリの模式産地はさぬき市(旧長尾町)多和である。本種は沿岸部と島嶼部、讃岐山脈一帯の比較的乾燥した岩場に生息して、ウバメガシなどの自然林が残っている場所を生息地とする。白鳥神社、金刀比羅宮の境内は前回の1980(昭和55)年の分布調査で生息が確認されていたが、今回の調査においてはタワヤモリの生息を確認することはできず、代わりにニホンヤモリが生息していた。海岸近くの土地開発や山間部の道路工事などは生息地をなくしたり生育条件を悪化させると考えられる。また、ニホントカゲは1950(昭和25)年頃までは県内の各地に広く分布していたが、1960年代以降には生息範囲が狭くなるとともに、個体数も減少した。現在は平野部の民家周辺などで目撃することはできない。
情報不足(DD)の種であるスッポンは、河川改修の護岸工事において捕獲されたり、目撃によって生息情報が得られた。これらの場合は自然の生息でなく、近くの養殖池から逃亡した個体が河川に生息していると推察できる場所が多い。環境省では情報不足(DD)の種ということもあり香川県でも情報不足(DD)として扱った。また、タカチホヘビの採集記録は特に少なく、珍しいヘビとして扱われてきたのは、ガレ場の岩、倒木の下、落葉の堆積した地中に潜んだりすることから発見されることが少ないためであろう。本種は、かつて夜行性と思われていたが、夕方や雨天のとき地上に出てくるらしい。今回の調査期間中、ガレ場で陸生貝類の採集中に目撃された情報が2例と、他の1箇所で本種が採捕できた。
これらの危惧の要因として考えられることは、食物になっている両生類、爬虫類、哺乳類の減少と、土地開発、圃場整備事業などによる生息場所の消滅が考えられる。
(川田英則)
現在、香川県では亜種も含め、サンンショウウオ目では2科3種、カエル目では4科12種が確認されている。日本には亜種も含めてサンショウウオ目では3科22種、カエル目では5科42種が生息する。本県ではサンショウウオ目やカエル目に関する報告は極めて限られており、工業団地造成、ダム建設等に伴う調査報告などにリストアップされているに過ぎない。とくに、サンショウウオ目の調査記録は少なく、それもカスミサンショウウオとオオダイガハラサンショウウオに限られており、イモリの生息状況記録は皆無である。
香川県レッドデータブックに掲げた種は、絶滅危惧I類(CR+EN)はダルマガエル1種であり、絶滅危惧II類(VU)はカスミサンショウウオとオオダイガハラサンショウウオの2種、準絶滅危惧(NT)はニホンヒキガエルとトノサマガエルの2種である。
絶滅危惧I類(CR+EN)のダルマガエルは、1960年代には県内の市街地周辺の水田などで生息が確認されていた。たとえば、中学校の実験観察材料として生徒たちがカエルを採集したとき、約100個体のうち4〜5個体の割合でダルマガエルが見つかり、他がトノサマガエルであった。その後、生息分布の調査記録は1972(昭和47)年の小豆島や豊島での記録が残っているだけである。今回の調査で、2001(平成13)年に塩江町の水田でダルマガエルの幼体と推察できる個体が4個体みつかったが、成体の生息状況は確認できていない。現在、幼体が確認された場所も水田の管理放棄のため、その一帯の水環境が消失している。今回は絶滅危惧I類(CR+EN)としたが、県内のダルマガエルは絶滅した可能性も否定できない。
絶滅危惧II類(VU)のカスミサンショウウオは、1943(昭和18)年の文献では三豊地方の沖積平野の田畑に見いだされ、秋にイネを刈り取った後に稲株の下にたくさん集まっており、また冬には土あるいは野積みの堆肥の下や落葉の下などから発見されていた。しかし、現在では讃岐平野に点在する各種溶岩をのせた五剣山や琴平山といった山麓一帯に生息しているにすぎない。つぎに、オオダイガハラサンショウウオは、1955(昭和30)年頃までは讃岐山脈の山麓一帯にある民家周辺の堆肥の下や炭焼きがまの石積みの下に越冬中の個体を発見できた。また、谷川から棚田への導水用の用水溝に堆積した落葉中にも数個体集まっているのを発見した。しかし、現在では民家周辺や用水溝で発見できず、土器川、香東川、財田川の標高約500m以上の渓流に生息している。
準絶滅危惧(NT)の ニホンヒキガエルは、1950(昭和25)年頃までに中山間部(標高100〜200m)の民家の庭や竹林、落葉広葉樹林などに広く生息分布していた。しかし現在では中山間部で見かけることは極めて少ない。また、トノサマガエルは1965(昭和40)年頃には県下の平野部にある水田地帯に広く生息していたが、現在は平野部の水田で見かけることはできない。また、中山間部においても個体数は極めて少ない。その理由はこれらの水田が管理放棄され、生息環境が悪化しているからである。
両生類の生息環境の悪化の要因として、土地開発に伴う森林の伐採、道路建設、住宅の増加、生活排水の流入、農薬による水質汚染、および水田の圃場整備事業や農業栽培形態の変化が考えられる。
(川田英則)
香川県では現在までのところ22科73種(亜種を含む)が記録されている。その内訳は、純淡水魚46種、回遊魚16種、周縁性淡水魚が11種である。分類群別にみるとコイ科魚類が26種、ハゼ科(18種)、ドジョウ科(4種)となる。また、一般的に淡水魚として認識される純淡水魚と回遊魚の合計62種のうち、24種(約39%)は県外、国外からの移入種である。純淡水魚46種から移入種24種を除いた在来の純淡水魚は22種であり、その種数は少ない。在来の純淡水魚22種中、全国的に減少傾向が著しくて環境省のレッドデータブックにも載せられている魚は、絶滅危惧IA類(CR)のニッポンバラタナゴ、絶滅危惧IB類(EN)のカワバタモロコ、ナガレホトケドジョウ、絶滅危惧II類(VU)のアカザ、メダカ、準絶滅危惧種(NT)のオヤニラミである。近年、香川県においてもこれらの種の生息地点および生息個体数は減少している。とくに、カワバタモロコ、オヤニラミの2種は数地点にしか生息していなかった。また、今回の生息状況調査で、ヤリタナゴ、アブラボテ、カジカ陸封型、オオヨシノボリ、ルリヨシノボリの5種(亜種を含む)は県内で非常に狭い地域に分布していることがわかり、早急な生息環境の保全・保護対策を行う必要があると考えられた。
香川県レッドデータブックに掲げた19種は、絶滅危惧I類(CR+EN)では8種で、ヤリタナゴ、アブラボテ、ニッポンバラタナゴ、カワバタモロコ、ナガレホトケドジョウ、アカザ、カジカ、オヤニラミであり、絶滅危惧II類(VU)では7種で、カワムツA型(ヌマムツ)、ムギツク、イトモロコ、ドジョウ、シロウオ、オオヨシノボリ、ルリヨシノボリであり、準絶滅危惧(NT)では4種でタカハヤ、シマドジョウ、スジシマドジョウ中型種、メダカである。
選定された19種はいずれも第一に県内の限定された地域に追いつめられ、第二に生息環境が狭小となり、第三に近年減少の著しい種であった。このような状況になった要因の第一は河川の改変であり全19種の原因と考えられた。第二は水質汚濁が15種、農薬汚染が10種あり、第三には、侵入種による影響が10種あった。他にも人為改変による影響である農地の改変が9種、森林開発が5種、ダム建設が5種、溜池の改変が2種であり、人為的な捕獲・採取が6種あった。
選定された19種を生息場所別にみてみると、おもに農耕地周辺を生息地とする魚は、ヤリタナゴ(絶滅危惧I類(CR+EN))とアブラボテ(絶滅危惧I類(CR+EN))ドジョウ(絶滅危惧II類(VU))、シマドジョウ(準絶滅危惧(NT))、スジシマドジョウ中型種(準絶滅危惧(NT))、メダカ(準絶滅危惧(NT))の6種である。これらの種の生息場所は用水路の三面コンクリート化や、畦・堤・農道などの舗装などによって奪われている。さらに、生息個体数は水路の水供給の停止、農薬汚染、水質汚染などによっても減少している。また、溜池を主生息地とする魚は、ニッポンバラタナゴ(絶滅危惧I類(CR+EN))とカワバタモロコ(絶滅危惧I類(CR+EN))の2種であり、その生息場所が溜池の水質汚染、池干し、改修・浚渫・埋立工事などによって奪われている。さらに、生息個体数が魚食性外来魚の移入、人為的な捕獲・採取によっても減少している。
つぎに、河川の河口部では、産卵のために早春(3月下旬から4月上旬)にやってくるシロウオ(絶滅危惧II類(VU))1種があげられる。河川の中・下流部を主生息地とするのはアカザ(絶滅危惧I類(CR+EN))、カジカ(絶滅危惧I類(CR+EN))、オヤニラミ(絶滅危惧I類(CR+EN))、カワムツA型(ヌマムツ)(絶滅危惧II類(VU))、ムギツク(絶滅危惧II類(VU))、イトモロコ(絶滅危惧II類(VU))の6種である。これらの種の生息場所は河川のコンクリート護岸工事、河川の改修による水の流れの直線化、川底の平坦化、水辺・水生植物の減少などによって奪われている。さらに、生息個体数は水質汚染、魚食性外来魚の移入によっても減少している。
そして、河川の上流部をおもな生息地としている魚は、ナガレホトケドジョウ(絶滅危惧I類(CR+EN))、オオヨシノボリ(絶滅危惧II類(VU))、ルリヨシノボリ(絶滅危惧II類(VU))、タカハヤ(準絶滅危惧(NT))の4種である。これらの種の生息場所はコンクリート護岸化、ダム建設、砂防堰堤建設による河床の単純化などによって奪われている。また、生息個体数は遡上の阻害、産卵場所の消失などによっても減少している。
(植松辰美・大高裕幸)
香川県は面積が全国一狭いことに加え、標高1,000mを超える山地帯が殆ど無く、ブナ帯および山地草原がわずかしか見られないこと、瀬戸内海式気候による乾燥が強いことなどの要因から、他県と比較すると昆虫の種類数は少ない。
しかし、瀬戸内海式気候の乾燥に適応した昆虫相が見られること、14,000を超える溜池を中心に水生昆虫の生息に適した環境が豊富であること等、他県では見られない特徴も持っている。
(溜池周辺)
全国的に減少し絶滅が心配されている昆虫も、香川県の溜池周辺には比較的残っている。たとえばコバネアオイトトンボ(絶滅危惧II類(VU))、オオキトンボ(絶滅危惧II類(VU))、ナニワトンボ(準絶滅危惧(NT))、オオミズムシ(準絶滅危惧(NT))、チュウブホソガムシ(絶滅危惧II類(VU))などで、いずれも減少傾向とはいえ、いくつもの生息地が確認されている。コオイムシ(準絶滅危惧(NT))は生息箇所、個体数はおそらく全国一を誇るのではないかとすら考えられる。ゲンゴロウ類も記録された種類数は30種を超えており、県の面積を考えると非常に豊富であると言える。
残念ながら、タガメ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ゲンゴロウ(絶滅危惧I類(CR+EN))、コガタノゲンゴロウ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ガムシ(絶滅危惧II類(VU))などの大型の水生昆虫は全くといって良いほど、姿を見ることができなくなっている。これらは強力な農薬の使用が激減の主要因と思われる。加えて、平野部があらかた耕地化・宅地化されており、農薬をはじめとする水質汚染や圃場整備、灯火等による影響を受けなかった地域が殆どなかったためと考えられる。
溜池の土手には小規模ながらススキ草原が至る所に見られた。牛馬の餌、屋根の萱(かや)などを得るため、ススキを刈り取り利用していたためである。そこには草原性の蝶であるオオウラギンヒョウモン(絶滅危惧I類(CR+EN))、ウラギンスジヒョウモン(絶滅危惧II類(VU))、ウラナミジャノメ(絶滅危惧II類(VU))などが普通に見られた。ところが、生活の変化と共に牛馬が必要とされなくなり、萱(かや)葺(ぶ)きの屋根も消えてしまった。土手の管理もおろそかになり、コンクリート化やクズなどの植物によって覆われるようになり、ススキ草原は消えていった。景観の変貌に伴いこれら草原性の蝶が急激に姿を消すこととなった。
(河川)
降水量が少ないため、川の水は豊富ではない。時たま生じる大雨で洪水と共に土砂が運ばれ、河床が高い天井川となる。河床が高いゆえに、再び洪水が起こる。そのため中流域には、洪水の被害を少なくするための「遊水林」と呼ばれる林が形成されて来た。この林にはシータテハ(絶滅危惧I類)、ウラナミアカシジミ(絶滅危惧II類(VU))、オオミドリシジミ(準絶滅危惧(NT))などが生息する独特の昆虫相が形成されていた。しかし、堤防のコンクリート化など防災システムの変化から、「遊水林」は次第に寸断、縮小していった。シータテハの衰亡はこの変化と一致するものと考えられる。
天井川の中流域では通常、水は地下水として河床の下を流れる。この水は少し下流で湧水として再び地上に現れる。そのため天井川では、中流域にあっても水の透明度は意外にも高い。この環境にはヒメシマチビゲンゴロウ(準絶滅危惧(NT))、ゴマダラチビゲンゴロウ(準絶滅危惧(NT))、ヨコミゾドロムシ(絶滅危惧II類(VU))などが生息している。
土器川と財田川の水量が豊富な中流域で、たまりや緩やかな流れとなっている場所にツルヨシなどの植物が繁茂していると、グンバイトンボ(絶滅危惧II類(VU))が繁殖している。成虫は活動場所として、川のすぐ横の湿度の保たれた森林も必要としており、このような特殊な環境の消失とともに、グンバイトンボは減少の一途をたどっている。
下流から河口域にかけての自然環境は、護岸工事や水質悪化などによって見る影もなく破壊されているが、わずかに残ったアシ原にはヤマトヒメメダカカッコウムシ(準絶滅危惧(NT))やジュウクホシテントウ(準絶滅危惧(NT))が、干潮時にのみ現れる河床の石の下にはキバナガミズギワゴミムシ(準絶滅危惧(NT))と、特殊な環境にしか生息しない種が生き残っている。
(小豆島を含む島嶼部、自然海岸)
小豆島および四国側の瀬戸内海に接する地域には、集塊岩からなる乾燥した山塊があり、急峻な崖が目立つ。この乾燥した貧栄養の環境に特異的に生える植物が、この地域の特殊な昆虫相を作り出している。例えば急峻な崖に生えるイワガサはナマリキシタバ(準絶滅危惧(NT))の、ツメレンゲはクロツバメシジミ(準絶滅危惧(NT))の食樹や食草となっている。また海岸林のウバメガシはクロシオキシタバの、至る所に生えるアキニレはキイロミミモンエダシャク(準絶滅危惧(NT))の発生源となっているが、これらの昆虫類は県外ではあまり見られない。
小豆島の昆虫相は本州に分布の中心を持つ種が入り込んでおり、四国本土では見られない昆虫も記録されている。絶滅が心配されているヒメヒカゲ(絶滅危惧I類(CR+EN))はその代表的なもので、行政単位の中の四国では小豆島からしか記録されていない。特産種や亜種としてはショウドシマナガチビゴミムシ(準絶滅危惧(NT))、ショウドヒメオサムシなどが知られている。また、オオマルケシゲンゴロウ(準絶滅危惧(NT))は現在のところ、四国ではここからしか記録されていない。
全国的に自然海岸が人工海岸に改変され、海岸性の昆虫の生息場所が奪われている。開発から乗り遅れた島嶼部には幸いにも自然海岸が残されている。四国の他の地域では殆ど姿を消してしまったヤマトマダラバッタ(準絶滅危惧(NT))の生息地が、島嶼部では何か所も確認されている。また佐柳島では全国的に絶滅が危惧されているルイスハンミョウ(絶滅危惧I類(CR+EN))の生息地が確認されている。
製塩産業が盛んだった頃、塩田の砂地は干潟に生息する昆虫の生息場所となっていた。ヨドシロヘリハンミョウ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ハマベゴミムシ(絶滅危惧II類(VU))、オオツノハネカクシ(絶滅危惧II類(VU))などである。製塩がなされなくなった後も、塩田跡地はこれら特殊な環境にしか生息できない昆虫の貴重な生息地となっていた。しかし、塩田跡地が宅地造成などで消えて行くと、これらの昆虫も次々と姿を消してしまった。特にヨドシロヘリハンミョウは現在全く姿が見えなくなってしまった。現在、坂出市王越町の木沢塩田跡地のみが、オオツノハネカクシなどの県内唯一の生息地となっている。
この他、女木島の洞窟からは特産種であるガロアムシ目のチュウジョウムシ(情報不足(DD))が記載されている。残念ながら記載されて以後追加採集がなされていない。
(琴平山など低中山帯)
琴平山は、県内でもっともまとまった規模で照葉樹林が見られる。ここには、ベーツヒラタカミキリ(準絶滅危惧(NT))、オオシロカミキリ(準絶滅危惧(NT))、トゲウスバカミキリ(準絶滅危惧(NT))などの暖地性の昆虫が生息している。讃岐山脈からやや独立した山塊でもあるので、コンピラコバネナガハネカクシ(準絶滅危惧(NT))、ゾウズサンメクラチビゴミムシ(準絶滅危惧(NT))、コンピラメクラチビゴミムシなどの特産種、特産亜種も生ずる。
琴平山を含め、香川県低中山帯の昆虫相は豊富である。国蝶であるため注目されているオオムラサキ(準絶滅危惧(NT))も、生息地は比較的多い。綾上町を中心に生息するウラジロミドリシジミ(絶滅危惧II類(VU))、県東部低山地の溜池周辺の湿地に生息するヒメタイコウチ(準絶滅危惧(NT))など、四国の他県では見られない昆虫も見られる。また、低地にわずかに残された神社や公園の大木には、オオシロカミキリやベニバハナカミキリ(準絶滅危惧(NT))、クロマダラタマムシ(準絶滅危惧(NT))などの昆虫が生息している。
高松市近郊の紫雲山山塊には特産種のリツリンメクラチビゴミムシ(絶滅危惧II類(VU))が、五色台山塊にはその亜種のゴシキメクラチビゴミムシが生息している。
(讃岐山脈)
大川山、竜王山山頂が標高1,000mを僅かに超える程度で概して低標高ではあるが、香川県の中では特徴的な昆虫相を形成している。アイノミドリシジミ(絶滅危惧II類(VU))、メスアカミドリシジミ(準絶滅危惧(NT))、アワオサムシ(準絶滅危惧(NT))、特産種のサヌキコバネナガハネカクシ(準絶滅危惧(NT))などは県内では讃岐山脈でしか発見されていない。
大滝山山頂には小さいながら県内で唯一のブナ林が残されており、ヨコヤマヒゲナガカミキリ(絶滅危惧I類(CR+EN))、タカオメダカカミキリ(絶滅危惧II類(VU))、オニクワガタ(絶滅危惧II類(VU))、エゾゼミ(準絶滅危惧(NT))、サヌキササキリモドキ(準絶滅危惧(NT))などの生息が確認されている。また、大川山のイヌシデ林では、オオクボカミキリ(準絶滅危惧(NT))の記録があるが、県内ではここでしか採集されていない。
讃岐山脈東部にはニョタイササキリモドキ(準絶滅危惧(NT))、シロトリメクラチビゴミムシ(絶滅危惧II類(VU))の特産種が生息している。
(出嶋利明)
今回のレッドデータブック作成においては、調査の難易度、環境省レッドデータブック等での取扱いを勘案し、主に海岸から河川、陸地部にすむエビ、カニ類を対象に調査を行った。
香川県レッドデータブックに挙げられた甲殻類はカニ類の4種であった。絶滅危惧I類(CR+EN)はシオマネキ1種、準絶滅危惧(NT)はハクセンシオマネキ、サワガニ、アカテガニの3種である。
絶滅危惧I類(CR+EN)のシオマネキはいままで本県では正確な生息記録がなかった。しかし、今回の調査で少数ではあるが発見できた。河口付近の堤防や河床工事、あるいは潮止め堰の設置といった河川や河辺の改変、および河川流域での土地造成が淡水の流入量の変化や水質汚濁を招いていると考えられた。
準絶滅危惧(NT)であるハクセンシオマネキは、生息域が狭く、また年による個体数の増減も大きく、将来の絶滅が危惧される。シオマネキと同じような危険性の要因が考えられた。つぎに、アカテガニは、かつては県内陸地部の水田地帯でも普通に見かけられた。しかし、近年では陸地部ではあまり見かけないが、島嶼部ではかなりの数の生息が確認された地域もある。陸地部の減少の要因として、海辺付近の草木地の減少や、用水路のコンクリート化などが考えられた。また、純淡水産のサワガニは主に本県内の山地の渓流に生息している。しかし、過去の調査と比べて生息数がかなり減少していたり、生息がまったく確認できない河川もあった。減少した要因としては、道路や砂防ダムの建設等による生息環境の悪化、これらの工事や渓流周辺の森林伐採に伴う流水量の変化などが考えられた。
(金森正博)
陸産・淡水産貝類としては主として森林に生息する陸産貝類、池・川などに生息する淡水産貝類と、河口のヨシ原などに生息する汽水産の貝類を扱う。ただし、この生息環境による分類についてはあくまでも便宜的なものである。香川県には現在までに亜種、未記載種を含め陸産貝類130種、淡水産貝類31種、汽水産貝類15種が確認されている。
陸産貝類は移動性に乏しいため各地で種・亜種に分化した結果、固有種や固有亜種が多く記録されている。本県に生息する陸産貝類にはつぎのような特徴が認められた。第一に生息に適したブナやケヤキなどの原生林が少ないうえ、種分化が著しく現れる石灰岩地が存在しないにもかかわらず、狭い面績のわりに種数が多く固有種も生息している。第二に、小豆島や豊島の集塊岩地帯に県本土側に見られない遺存的な種が分布している。第三に、植物分布系でいわれる「襲速紀要素型」分布をする種が讃岐山脈の一部に分布している。第四に、里山のみに局限分布する固有種がいる。第五に、本州〜四国東部、中国〜香川などのように海を越えた周辺地域に連続した分布をもつ種がある。
香川県レッドデータブックに挙げた51種(亜種)を上述した特徴別に選定理由を述べてみよう。県固有種(亜種を含む)はヤノムシオイガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、イソムラマイマイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ショウドシマギセル(絶滅危惧II類(VU))、ヤハタマイマイ(絶滅危惧I類(CR+EN))の4種ある。ヤノムシオイガイの産地は3産地、イソムラマイマイは高松市と牟礼町の里山で2産地を確認し、各産地とも生息場所が局限的である。ショウドシマギセルは海を挟んだ小豆島・豊島・屋島に分布するという珍しい分布である。ヤハタマイマイは近畿・中国地方に分布するニシキマイマイの亜種であるが、小豆島の集塊岩地帯で亜種分化した県固有亜種である。
また、四国固有種としてはシコクビロウドマイマイ(絶滅危惧II類(VU))、アワマイマイ(絶滅危惧II類(VU))、シコクゴマガイ(準絶滅危惧(NT))、トサゴマガイ(準絶滅危惧(NT))、アベゴマガイ(準絶滅危惧(NT))などがある。
つぎに、遺存種として小豆島や豊島の集塊岩地帯に長い地史の過程で孤立した個体群がある。たとえば、ビロウドマイマイ(絶滅危惧I類(CR+EN))は本州に広く分布しているが、近畿以西では小豆島にのみに分布する。クマドリオトメマイマイ類似種(絶滅危惧I類(CR+EN))は小豆島に分布するが、四国西部から九州に分布する種である。チャイロオトメマイマイ(絶滅危惧I類(CR+EN))は本州と小豆島のみに分布する。神戸の麻耶山を模式産地とするマヤサンマイマイ(絶滅危惧I類(CR+EN))は小豆島と高松市の里山に分布している。
分布の上で重要な種がいくつかあり、県本土側の西部と東部で異なった陸生貝類相を示す。トサギセル(絶滅危惧II類(VU))は上述した「襲速紀要素型」分布で、本県では讃岐山脈の一部に分布する。シロマイマイ(絶滅(EX))とトサシリボソギセル(絶滅危惧II類(VU))は県西部の山岳部に分布する種であり、これらは高知県を中心に分布する。シロマイマイは県内で唯一の生息地がダム工事のため消滅して絶滅してしまった。コウツムシオイガイ(準絶滅危惧(NT))やモリサキギセル(準絶滅危惧(NT))は県中東部と徳島県東北部に分布している。ツルギサンマイマイ(絶滅危惧II類(VU))は徳島県に分布の中心があり、本県では讃岐山脈の東部と西部のみで、中部は空白地域になっている。その他に、本州〜四国東部に分布する種として、トサビロウドマイマイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ツムガタギセル(絶滅危惧II類(VU))、オオギセル(絶滅危惧II類(VU))、ナラビヒダギセル(絶滅危惧II類(VU))、コシボソギセル(準絶滅危惧(NT))がある。中国〜四国に分布するハタケダマイマイ(絶滅危惧II類(VU))、チクヤケマイマイ(準絶滅危惧(NT))、その他広域に分布するが産地が少なく絶滅が危惧される種として、シリブトゴマガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、オオコウラナメクジ(絶滅危惧I類(CR+EN))、カサネシタラガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、サドタカキビ(絶滅危惧I類(CR+EN))、サナギガイ(絶滅危惧II類(VU))、イボイボナメクジ(絶滅危惧II類(VU))、ホソヒメギセル(準絶滅危惧(NT))を選定した。これらの希少種のうちシロマイマイ以外の種や亜種は産地数や個体数が少ないがかろうじて生息している。
陸産貝類であるナタネキバサナギガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))や淡水産貝類であるミズコハクガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))やヒメヒラマキミズマイマイ(絶滅危惧I類(CR+EN))などは湿地に生息する種であり生息地を奪われ急激に生息個体数が減少している。
淡水産及び汽水産貝類は種数や固有化の程度は貧弱である。それは、本県は日本一面積が狭く、隣接県から流入する河川が存在せず、瀬戸内式気候のため年間降水量が少なく、讃岐山脈から北流する河川は南北40qで標高差1,000mを一気に流下するので下流部の湿地帯を形成しにくいことがあげられる。
淡水産貝類では、カワネジガイ(絶滅(EX))は1951(昭和26)年に高松市一宮町で採集されて以来確認されていないので、既に絶滅したと考えた。マメタニシ(絶滅危惧I類(CR+EN))は生息地では多産する傾向があるので、かつては池の水際に多数の死殻が打ち上がっていたが、今では死殻も見つけられず生息地も全く確認できない。マルタニシ(絶滅危惧II類(VU))は、かつては溜池だけでなく水田の中に多数生息し大量に採集されていたが、今では県中部の溜池にかろうじて生息しているにすぎない。ヒメマルマメタニシ(準絶滅危惧(NT))は水田に生息するため水田環境の変化によっては減少のおそれがある。これら淡水産貝類のほとんどは、農薬や化学肥料などによる水質汚染によって、生息環境を奪われたものと思われる。また、マツカサガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))は県内数箇所で生息しているが、複数の生貝が確認できたのは2〜3箇所だけで他の生息地は既に絶滅した可能性もある。この要因として、用水路が三面コンクリートに改修され、用水路の底に砂泥が堆積しなくなり生息が困難になったことが考えられる。マルドブガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))は琵琶湖からの移入種と考えられるが、高松市の2箇所で生息が確認されただけである。コウチミジンツボ(情報不足(DD))は地下水域に分布するため本県では1箇所しか見つかっていない。
一方、汽水産貝類では、シイノミミミガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ナギサノシタタリガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ワカウラツボ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ムシヤドリカワザンショウガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ヨシダカワザンショウガイ(絶滅危惧I類(CR+EN))、ツブカワザンショウガイ(絶滅危惧II類(VU))、ウスコミミガイ(絶滅危惧II類(VU))はその大部分が河口部のヨシ原に生息するが、種によっては個体数が急激に減少している。その他、潮間帯上部の堆積物などで見られるヤマトクビキレガイ(絶滅危惧II類(VU))も生貝を再発見できない。これらの汽水産貝類は河口域や干潟が近年の河川改修や干潟の埋立によって絶滅に瀕している。
(多田昭・矢野重文)