選定の考え方

本県のカテゴリーは、環境庁(現環境省)の新カテゴリーを基準とした。ただし、以下の点において、香川県独自の考え方を盛り込んだ。
○ 新カテゴリーが採用している数値基準による「定量的要件」を適用するのは、現時点では困難なため、「定性的要件」のみを適用した。
○ カテゴリーの名称は、環境省や他都道府県の評価との比較の容易さや将来性を見据え、新カテゴリーの名称を採用した。
○ 定量的要件を適用しないため、「絶滅危惧IA類」、「絶滅危惧IB類」の区分はおこなわず、「絶滅危惧I類」としてまとめ評価した。
○ 「情報不足」種は、保護対象として扱われない可能性があるため、どうしても評価するだけの情報が不足している種のみを位置付け、希少であると考えられる種については、できる限り「準絶滅危惧」以上に位置付けることとした。
○ 「絶滅のおそれのある地域個体群」のランクは設けず、亜種レベルまでを対象として評価をおこなった。

香川県版カテゴリーと環境省カテゴリーとの対比
環境省カテゴリー
香川県版カテゴリー
旧カテゴリー
新カテゴリー
絶滅種
Extinct (Ex)
絶滅
Extinct (EX)
絶滅
Extinct (EX)
野生絶滅
Extinct in the Wild (EW)
野生絶滅
Extinct in the Wild (EW)Extinct (EX)
絶滅危惧種
Endangered (E)
絶滅危惧I類
(CR+EN)
絶滅危惧I類
(CR+EN)
Critically Endangered (CR) + Endangered (EN)
絶滅危惧IA類
Critically Endangered (CR)
絶滅危惧IB類
Endangered (EN)
危急種
Vulnerable (V)
絶滅危惧II類
Vulnerable (VU)
絶滅危惧II類
Vulnerable (VU)
希少種
Rare (R)
準絶滅危惧
Near Threatened (NT)
準絶滅危惧
Near Threatened (NT)
情報不足
Data Deficient (DD)
情報不足
Data Deficient (DD)
地域個体群
Local Population (LP)
(付)絶滅のおそれのある地域個体群
Threatened Local Population (LP)

カテゴリー定義
区分及び基本概念
具体的要件(定性的要件)
絶滅
Extinct (EX)
香川県ではすでに絶滅したと考えられる種あるいは亜種
過去に香川県に生息したことが確認されており、飼育・栽培下を含め、香川県ではすでに絶滅したと考えられる種あるいは亜種
野生絶滅
Extinct in the Wild (EW)
飼育・栽培下でのみ存続している種あるいは亜種
過去に香川県に生息したことが確認されており、飼育・栽培下では存続しているが、香川県において野生ではすでに絶滅したと考えられる種あるいは亜種
【確実な情報があるもの】
(1) 信頼できる調査や記録により、すでに野生で絶滅したことが確認されている。
(2) 信頼できる複数の調査によっても、生息が確認できなかった。
【情報量が少ないもの】
(3) 過去50年間前後の間に、信頼できる生息の情報が得られていない。
絶滅危惧I類
Critically Endangered (CR) + Endangered (EN)
絶滅の危機に瀕している種あるいは亜種

現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合、野生での存続が困難なもの。

次のいずれかに該当する種あるいは亜種
【確実な情報があるもの】
(1) 既知のすべての個体群で、危機的水準にまで減少している。
(2) 既知のすべての生息地で、生息条件が著しく悪化している。
(3) 既知のすべての個体群がその再生産能力を上回る捕獲・採取圧にさらされている。
(4) ほとんどの分布域に交雑のおそれのある別種が侵入している。
【確実な情報が少ないもの】
(5) それほど遠くない過去(30年〜50年)の生息記録以後確認情報がなく、その後信頼すべき調査が行なわれていないため、絶滅したかどうかの判断が困難なもの。
絶滅危惧II類
Vulnerable (VU)
絶滅の危機が増大している種あるいは亜種

現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合、近い将来「絶滅危惧I類」のランクに移行することが確実と考えられるもの。

次のいずれかに該当する種あるいは亜種
【確実な情報があるもの】
(1) 大部分の個体群で個体数が大幅に減少している。
(2) 大部分の生息地で生息条件が明らかに悪化しつつある。
(3) 大部分の個体群がその再生能力を上回る捕獲・採取圧にさらされている。
(4) 分布域の相当部分に交雑可能な別種が侵入している。
準絶滅危惧
Near Threatened (NT)
存続基盤が脆弱な種あるいは亜種

現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」として上位ランクに移行する要素を有するもの。

次に該当する種あるいは亜種
生息状況の推移から見て、種の存続の圧迫が強まっていると判断されるもの。具体的には、分布域の一部において、次のいずれかの傾向が顕著であり、今後さらに進行するおそれのあるもの。
a 個体数が減少している。
b 生息条件が悪化している。
c 過度の捕獲・採取圧による圧迫を受けている。
d 交雑可能な別種が侵入している。
情報不足
Data Deficient (DD)
県内において評価するだけの情報が不足しているが、今後注意を要するもの。
レッドリストの策定は、選定の根拠となる「選定理由」項目と「絶滅・危険性の要因」項目を設定しておこなった。「選定理由」、「絶滅・危険性の要因」の項目および定義を表に示す。
なお、項目の設定については、以下の点に留意した。
○ 選定理由は、地理的要因、生態的要因、数量的要因のグループに大別し、1種につき複数項目へのあてはめを可とした。
○ 地理的要因の並びについては、地理的スケールの広い項目から狭い項目の順に整理した。
○ 「情報不足」種については、「選定理由」へのあてはめが困難な場合は空欄とすることとし、「絶滅・危険性の要因」へのあてはめが困難な場合は、「不明」にあてはめることとした。

選定理由
項目
定義
選定理由
地理的要因
模式産地
模式標本となっている個体の産地
分布境界
生物地理学上の分布境界域に生育・生息している種あるいは亜種
全国局限
生育・生息地が日本国内において局限されている種あるいは亜種
県固有種
香川県固有種あるいは亜種
県内局限
生育・生息地が香川県において局限されている種あるいは亜種
生態的要因
交雑移行
交雑可能な種あるいは亜種が進入し、交雑により在来種が減少しているもの
限定生育・生息環境
限られた生育・生息場所にしか見られず、そのため一部の環境にのみ生育・生息が可能な種あるいは亜種
数量的要因
近年減少
近年個体数の減少が顕著なもの
絶滅
過去50年来、確認されていない種あるいは亜種

危険性・絶滅の要因
項目
定義
危険性・絶滅の要因
森林開発
開発や岩石採掘等の土地改変による森林の減少・変容
人工造林
スギ・ヒノキ等の造林による生育・生息環境の変容
草地の減少
開発等による原野・草地の減少・変容
河川の改変
河川改修、堤防改修等による河川環境の変容
溜池の改変
溜池改修、開発による溜池の減少・変容
湿地の改変
開発等による湿地の減少・変容
海辺の改変
海岸堤防や道路の建設・自然海岸の改変・干潟の減少
海水域の変化
海上交通、赤潮、餌生物の減少による影響
農地改修
圃場整備等に伴う用排水路等の改修
ダム建設
ダム建設による生育・生息環境の減少・変容
道路建設
道路(林道含む)建設による生育・生息環境の減少・変容
土地造成
埋立てや掘削等土地の改変による生育・生息環境の減少・変容
農薬汚染
農薬使用による生育・生息環境の汚染
水質汚濁
水質汚濁と富栄養化
管理放棄(二次林・二次草地)
管理放棄による二次林および二次草地の変容
自然遷移
自然遷移による生育・生息環境の変容
捕獲・採取・侵入
業者・趣味者の捕獲・採取、人間の侵入による被害
写真撮影
写真撮影による生物種への悪影響
侵入種による影響
他の種あるいは亜種の侵入による被害
その他
上記以外の要因による生育・生息の危惧    ※ 危険性の要因は各論にて明記
不明
危険性の要因が不明確
参考
国カテゴリー
国のレッドデータブック、レッドリスト掲載種あるいは亜種
文化財保護法
「文化財保護法」に基づく特別天然記念物、天然記念物
種の保存法
「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)に基づく指定種